風邪 耳が痛い 対処

風邪をひいてから耳が痛い、どんな対処法があるのか

スポンサーリンク

風邪をひいてしまった後に耳に違和感を感じる、もしくは耳が痛いという場合、風邪によって中耳炎という病気を引き起こしている可能性があります。
中耳炎とはその名の通り、鼓膜のさらに奥にある中耳という部分が炎症を起こして膿を出している状態です。
この膿が大量に出ていればそのまま耳垂れとして症状が出てきます。
それ以前の状態でも耳にはひどい痛みが現れ、中には熱が出てしまうという人もいます。
風邪によって免疫力が低下している状態、それにプラスして、鼻や口から流れてきた細菌やウイルスが耳管にも影響を与えていくのです。
結果として、耳管部分が炎症を起こしてしまい中耳炎を発症します。
よく小さな子供が風邪をひいたときに発症するこの病気、実は大人でもかかることがあります。
しかも大人の場合、症状が長引きやすく、治療もそれに伴って長引く傾向にあるため出来るだけ早めの対処、治療が必要になってきます。
風邪に伴って耳が痛い、この症状があればできるだけ早い段階で医療機関を受診する、これが大切です。

スポンサーリンク

ただ、場合によっては中耳炎だと気が付かなかった、夜間や休日で医療機関をすぐに受診できなかったというケースもあります。
その場合、痛みを解消するために何かしらの対処方法はないのでしょうか。
結論から言えばそれはあります。
まず、痛みを和らげる方法としては市販の鎮痛剤を使用するのです。
さらに、耳の下や後ろの部分、中耳の炎症を起こしている部分を意識して冷やしていくことをお勧めします。
炎症を起こしているのですから、熱を取ってあげることで幾分、痛みもやわらげていくことができます。
ただ、この方法はあくまで応急処置なので、本格的な治療を受けるためにも医療機関を受診できるようになった段階で早めに行動するようにしましょう。
中耳炎は軽く見られがちな病気ですが、症状を放っておくことで聴力に影響が出たり、最悪の場合耳が聞こえなくなることもあります。
そんな事態にならないためにも、しっかり対処は行っていくようにしましょう。

スポンサーリンク