滲出性中耳炎 子供 治療期間

子供がなりやすい滲出性中耳炎の治療期間はどのくらい?

スポンサーリンク

中耳炎というと耳が痛くなる病気というイメージがありますが、中には痛のない中耳炎というのもあります。
それは滲出性中耳炎という症状で、中耳の中に液体が溜まってしまう病気で、子供がなりやすい病気でもあります。
一般的に言われる中耳炎というのは急性中耳炎ともいい、中耳内部が炎症を起こして激痛や高熱が伴いますが、滲出性中耳炎の場合には炎症が弱く痛みや熱などはほとんど出ません。
そのため、滲出性中耳炎になっていても気づきにくいという面があります。
滲出性中耳炎の症状としては主に耳の詰まった感じがして音が聞き取りにくく感じられたり、耳の中で自分の声が響くような感覚があったりします。
また耳の中に水が入っているような音がする場合もあります。
大人の場合にはこれらの症状があった場合、異常を感じて耳鼻科などを受診したりしますが、子供の場合は自分で症状を言葉に表すのが難しく、子供が痛がったりすれば異変に気付くところが、それもないために親も気付かないで放置してしまうケースもあります。
緊急性はありませんが、滲出性中耳炎をあまり長い間放置していると子供が将来難聴になってしまう場合もあるので注意しましょう。

スポンサーリンク

滲出性中耳炎は、長い治療期間が必要となります。
滲出性中耳炎になってしまうのは鼻と耳をつないでいる耳管という通り道が、何らかの理由で炎症を起こしていることがあげられます。
通常は耳管を通して排出される、中耳の細胞から出た滲出液が耳管がふさがることで溜まってしまうのです。
治療としては鼓膜内部にたまった滲出液を外部に排出するのですが、これには鼓膜を切開するなどの方法がとられます。
鼓膜は切開してもすぐにふさがります。
また耳の治療だけでなく、同時に喉や鼻の病気にも何らかの治療を行う場合が多いです。
というのも先述のように耳管の炎症が原因となるので、それらは副鼻腔炎であったりアレルギーであったりといったような喉や鼻の病気が要因となるからです。
一般的に完治するまでには長い時間がかかり、治療期間には数か月をようします。
治療期間が長いからと言って途中で切り上げてしまうと、せっかく良くなっていたものがまた再発してしまったりします。
完治するまではきちんと治療を続けましょう。

スポンサーリンク