耳に水がたまる病気 子供 治療方法

子供の耳に水がたまる病気の治療方法

スポンサーリンク

子供が「耳の中に水が入ってる」という症状を訴えてきたときに、どのような症状、病気を疑うべきでしょうか。
耳に水がたまる病気として、滲出性中耳炎を疑うべきでしょう。
一般的な中耳炎は子供の場合、痛がったりとわかりやすいのですがこの「滲出性中耳炎」は、自覚症状が少なく、発見まで時間がかかってしまいがちです。
耳に水がたまる病気といわれてますが、実際には水ではなく膿のような液体です。
さらさらとしているものもあれば、ややねばねばとした状態の液体の場合もあります。
これらは、一般的にお風呂のあとやプールなどで発症したと思われがちですが、外部から中耳まで水が入ることは少ないと言われています。
子供の大半が発症しており、3歳ごろから小学校高学年の間に起こりがちです。
長期的な治療方法がほとんどで、耳だけではなく鼻の治療方法も必要です。
根気強く、しっかりと治療をすることによって、難聴や慢性的な中耳炎を防ぐことが出来ます。

スポンサーリンク

耳に水がたまる病気として疑われる「滲出性中耳炎」の治療方法としては、まずしっかりと予防を行うことです。
子どもは風邪をひくと大抵の子供が急性中耳炎をおこします。
この急性中耳炎を長引かせずにきちんと治すことが一番大切です。
何度も何度も中耳炎を併発してしまうと、耳の中で炎症が起こりやすい環境になってしまいます。
また、中耳炎を起こしているとそのほとんどが副鼻腔炎を起こしていると言われています。
この副鼻腔炎を治すことも、滲出性中耳炎の治療につながります。
それでもなかなか治らない場合には鼓膜切開という治療方法を行う場合もあります。
中耳とは鼓膜よりも奥にあたる部分です。
そのため、外耳から鼓膜を切開して、直接中耳にたまった膿を輩出していきます。
麻酔をして切開を行いますので、痛みはほとんどありません。
ですが、音がとても大きく聞こえますのでその点だけ注意しておきましょう。
風邪をひいたときには、内科だけでなく耳鼻科にも来院して早めの処置を心がけましょう。

スポンサーリンク