1歳 中耳炎 症状 高熱 原因

1歳の高熱の原因、中耳炎の症状とは

スポンサーリンク

1歳児が機嫌が悪くよく泣き、高熱が出て、風邪などの他の原因が考えにくい場合、中耳炎を疑いがあります。
痛みを訴えることのできない1歳の場合、中々周囲は気が付きにくいのですが、首を横に振る、ひんぱんに耳に手をもってゆく、耳だれなどの症状があれば、中耳炎を疑います。
高熱は夜間に出ることが多いので、夜間救急病院などに駆け込むケースもありますが、そのような時は、耳だれを柔らかいガーゼなどでふきとり、子供用の鎮痛解熱剤を与え、翌日かかりつけの耳鼻科で診察してもらって問題ありません。
又痛みは冷やすと和らぐ場合が多いので、保冷材などをタオルにくるんで耳元に当てると落ち着く場合があります。
又応急処置として「ツボ」もお勧めです。
耳の後ろの出っ張っている骨からまっすぐ下に行き、ちょっと頭の中心にあがったっくぼんでいるところにある「完骨」。
耳の穴の前に出ている部分の前方で顎を動かして少しへこ場所「聴宮」などを刺激すると、耳周りの血流がよくなります。

スポンサーリンク

中耳炎は耳の外からではなく、鼻や咽頭などについた菌が耳管に侵入し、鼓膜やその内部に炎症をおこす為発症します。
1歳児に発症が多いのは、まだ顔の作りが小さく、耳管が短い為咽頭から菌が侵入しやすくなっているからです、顔の作りが大人に近づく小学校高学年になれば、中耳炎の発症は減ってきます。
中耳炎と診断を受けたら、2.3日鎮痛解熱剤を使用し、高熱があったり腫れがひどいときには抗生物質が投与されます。
完治には時間がかかる為、症状が治まったからといって自己判断で薬をやめたりすると、残っている菌により再発する危険があります。
又子供の場合、炎症は収まっても耳鳴りや難聴などの症状がでる、浸出性中耳炎に移行する場合があるので予後の注意が必要です。
いずれにしても風邪の菌が原因ですので、家族が小まめに手を洗う、外から帰ったらうがいをするなど、風邪の菌を子供にうつさないように注意するなど原因を作らない様にすることが、とても大切です。

スポンサーリンク