乳児 中耳炎 症状 対処方法

乳児の中耳炎症状の対処方法

スポンサーリンク

乳児は成人の人に対して中耳炎になりやすいです。
そもそも中耳炎とは鼻の穴から耳の奥へばい菌がはいり、そこで炎症を起こすことにより耳の奥が痛くなったり熱発したりすることになります。
特に幼児は鼻の穴から耳の奥までが近いことと、鼻と耳が真直ぐにつながっていることで耳の奥にばい菌が入りやすくなっているため、中耳炎を発症しやすくなっています。
風邪気味の場合には特にそうで、風邪により鼻水がでるとそこからばい菌が耳奥へと入っていくことが多いため風邪と中耳炎を併発することが多いです。
なので中耳炎の対処方法としては風邪をひかないことが最も重要となります。
特に乳児は体を壊しやすく風邪もひきやすいため、風邪対策が最大の対処方法と言えます。
風邪の症状がでたら就寝時間を早めて休んだりして、治すことが得策となります。
お風呂やプールで耳の奥に水が入ると中耳炎になると言われていますが、実際はそうではなく鼻から入ったばい菌が原因となっています。

スポンサーリンク

乳児が風邪の症状として鼻水によって鼻をつまらせることがあれば、親としてはこまめに鼻水を拭き取ってやることが対処方法となります。
そして耳の奥がいたいといってきたらまずは痛み止めの薬を飲ませて経過をみることです。
膿がたまっているようであれば綿棒などを使って、拭き取ってあげることも必要です。
膿自体には悪さはありませんが、拭き取らずに放っておくと固まってしまったりして取り除くことが難しくなります。
膿が出はじめるとその後しばらく続いてでるため、細目に拭いてあげることが必要です。
痛み止めの薬を飲んでも耳の奥の痛みが治まらなかったり熱発症状が続くようであれば、病院に行って医師に診てもらう必要があります。
中耳炎は放っておけば自然となおるものですが、いつまでたっても痛みが続いたり発熱が続くようであれば他の病気を併発している可能性がありますので、専門家に診て検査する必要があります。
1週間たっても症状の改善が見られないようであれば注意が必要です。

スポンサーリンク