乳児 耳だれ 原因 対処方法

乳児の耳だれの原因と対処方法

スポンサーリンク

乳児が泣いてしまう時に、耳だれの症状があれば痛みまたは発熱のために機嫌が悪い可能性が高いです。
原因は様々であり、問題がないものもあれば医療機関で診てもらわなければいけないこともあり得ます。
耳の周りをよくかいてしまうなどであれば、一度医師に相談してみるとよいです。
対処方法としては、乳児の様子をみてみればいいです。
激しく泣く時や耳だれの中に血が混じっていれば、病気になっている可能性が高いです。
ただし、羊水などが出ているだけということもあります。
耳だれが出ているからといって、あわてる必要はないです。
病気が原因でなければ、薬などの対処方法をする必要はなく機嫌も悪くなりません。
乳児の耳だれは強い臭いが出ることもあります。
気になることがあれば、早めに医療機関を利用すれば対処方法を教えてもらえます。
乳児の耳では、細菌などが侵入しやすいので病気になる可能性が高いですが、様子を見て適切に対処していけば、ひどい症状になることはありません。

スポンサーリンク

耳だれの中に膿が混じっているなら、原因は耳掃除のやりすぎや乳児が耳をかきすぎてしまっているはずです。
もちろん、病気の可能性もあり得ますので病院に連れていくことを忘れてはいけません。
夜間などに耳だれがひどくなった場合や痛みのために泣いているならば、耳の裏側や首を冷やしてあげるとよいです。
痛みを抑えるならば、冷却しなければいけませんが直接氷をつけず、タオルで巻くなどして、冷やしすぎないように気をつける必要があります。
症状が治まったとしても、専門医に相談しておいたほうがいいです。
中耳炎などが原因であった場合、きちんと治療を受けていなければ治りません。
また、継続した治療が必要になることも多いので、医師の指示を訊いて正しい対処方法を続ければ問題なく治っていきます。
どんな原因であっても、必要に応じて対処方法を変えていけば耳だれがひどくなることはありません。
乳児だと、自分で症状を伝えることは無理ですので、様子を見て判断することを忘れてはいけません。

スポンサーリンク