中耳炎 熱 期間 対処方法

中耳炎による発熱の期間と対処方法

スポンサーリンク

子供が夜中に急に起き出し、泣いて耳が痛いと訴える時や、そこまでいかなくとも寝苦しそうにし、片側を向くのを嫌がる場合、その原因が中耳炎である可能性があります。
特に鼻炎を持っている子供さんや、鼻風邪が長い期間続く子供さんは、中耳炎に何度もかかる事がありますので、小児科の内科でも構いませんが出来るなら地元の耳鼻科へと通われるのをお勧めします。
痛いと言える場合は早期に発見し易いですが、まだ小さなお子さんや我慢してしまう子供さんの場合、耳だれが出て初めて親御さんが気付かれるという事も少なくありません。
中耳炎は悪化すれば鼓膜を手術しなければならなくなる病気です。
短い期間でよくかかるから、と軽視せずに、耳を気にする素振りを見せた場合は直ぐに中耳炎を疑うようにしましょう。
そうすれば、対処方法も多く、効果のある薬を順を追って試す事が出来ます。
またプールやお風呂で水が耳に入ったからと思われる方も少なくありませんが、鼓膜が通常状態の場合、水が入った程度で中耳炎になる事はほぼ無いと言っていいでしょう。
一番の要因はやはり鼻水からが多い様です。

スポンサーリンク

特に親御さんから見て中耳炎で厄介だと思われるのは発熱ではないでしょうか。
熱が出やすい子と出にくい子で差がありますが、発覚する頃には微熱からしっかりとした発熱へと移行されていく事が多いです。
直ぐに上がる場合は、本人が痛みを伴う前に高熱が出て、それを心配した親御さんが風邪だと思われる事があります。
もし発熱があった場合、子供の内は中耳炎とセットの事が多いと判断して、なるべく小児科や耳鼻科を受診させましょう。
その期間や対処方法は色々ですが、早い程、軽度のため薬も色々と試す事が出来ます。
対処方法として抗生物質の服用を勧められると思いますが、効きが甘い場合があり、その場合は後日の診断の際に別の抗生物質を処方されます。
また耳が綺麗になっても鼻水が出ている場合は、直ぐに再発するケースもありますので、咳や鼻水のお薬を出される事もよくあります。
身近な病気ですが、子供にとっても大人にとっても大変な病気ですので、なるべく再発しない様に注意深く見てあげる様にして下さいね。

スポンサーリンク