子供 中耳炎 鼓膜 破れる 原因 対処方法

子供の中耳炎で鼓膜が破れる原因と対処方法

スポンサーリンク

音を聞き取るために重要な鼓膜ですが、場合によっては破れることがあります。
衝撃や急激な気圧の変化などで破れるケースがあるのですが、中耳炎でも破れることがあります。
中耳炎というのは耳の鼓膜よりも内側にあたる部分で、音を内耳というさらに奥の器官へと伝える役割があります。
この内耳に何らかの原因で細菌やウイルスが侵入して感染し、炎症が起きるのが中耳炎です。
子供がなりやすいというのが特徴であり、何度も繰り返し発症する子供もいます。
原因としては風邪が多く、風邪を起こす細菌やウイルスが鼻や喉の奥から中耳の方にまわることで、中耳の中で感染を起こして中耳炎を引き起こします。
実は鼻や喉の奥と耳というのは、耳管という通り道でつながっています。
子供の場合大人よりも耳管が短く、角度もないので細菌やウイルスが通り抜けやすくなっているため、子供の発症が多いのです。
そして炎症が元で中耳に膿がたまり、耐えきれなくなった鼓膜が破れることがあるのです。
その場合、耳だれという形で外に膿が出てきます。

スポンサーリンク

鼓膜が破れるというと恐ろしい印象を受けますが、中耳炎においては中の膿が外に出ることで痛みが和らぐという利点があります。
実際医療機関において中耳炎で激しい痛みがある場合には、対処方法として鼓膜の切開を行ったりします。
中耳内部の圧力が下がることで、痛みが軽くなるのです。
鼓膜が破れてしまった場合の対処方法としては、まずは耳鼻科を受診して検査を受けます。
破れていることが分かっても、基本的には放置して自然に再生するのを待ちます。
一週間程度で再生し、聴力等も元に戻ります。
注意したいのは再生するまでは鼓膜に穴が開いている状態なので、内部だけでなく耳の穴を通して外部からも細菌やウイルスが侵入しやすくなります。
そのために完全に再生してふさがるまでは、耳掃除などをさけ、お風呂への入浴なども耳に水が入らないように注意しましょう。
また破れる際に強く痛みが出る事がありますが、その場合の対処方法としては耳の裏などを冷やすようにすると痛みを和らげることが出来ます。

スポンサーリンク