中耳炎 子供 応急処置 方法

子供が中耳炎になった時の応急処置方法

スポンサーリンク

中耳炎というのは、耳の中の中耳という部位が炎症を起こしてしまった状態をいいます。
小さな子供がなりやすく、大人で発症する人は多くありません。
原因となるのは主に細菌の感染によるもので、風邪などで抵抗力が落ちている際に細菌などが中耳に侵入することで感染しやすくなります。
そもそも中耳というのは耳の奥、鼓膜よりも内側にあります。
そのため耳から直接細菌が侵入するケースは稀で、ほとんどの場合には鼻や喉から細菌が侵入します。
鼻と耳は耳管という通路でつながっているためにこうした事態が発生しますが、この耳管の角度が子供の場合大人に比べて水平に近く、また長さも短いことから細菌が侵入しやすくなっているのです。
中には、風邪をひくたびに中耳炎を発症する子もいます。
よく中耳炎は人にうつるとか、プールの際に一緒に泳ぐとうつるとかいわれますが、これは誤解によるものです。
原因となる菌は風邪などのように感染していくことはまずありません。
ただ中耳炎を起こす要因ともなる風邪そのものはうつる可能性があるので、注意は必要です。

スポンサーリンク

子供が中耳炎になって痛がっている場合でも、急いで医療機関にかかるほどの緊急性はありません。
まずは自宅で応急処置を行って、痛みを緩和させます。
そもそも痛みは、炎症によって耳管が腫れることで空気の通りが悪くなり、結果として鼓膜の内側の空気圧が高まって、鼓膜を圧迫することが主な原因となっています。
そのことをふまえた上で、応急処置の方法としてまず、座るか立った姿勢を取らせます。
こうすることで鼻腔周辺の血管を収縮させて耳管の腫れを落ち着かせる効果が期待できます。
また炎症は体温が上昇するほど血管が拡張して悪化し、痛みを生じさせるので応急処置方法として、なるべく鼻や耳の裏などを氷枕などで冷やします。
ただし、氷枕をタオルで巻くなどして、凍傷にならないように気を付けます。
また部屋を涼しくして体温を落ち着かせるのも効果的です。
その他にも冷たい氷水などを少しずつ飲むと良いとされます。
応急処置を行って症状が落ち着いたら、時間がある時に耳鼻科を受診するようにします。
緊急性はありませんが、放置していると慢性的な中耳炎になってしまう場合もあるので、一度は医療機関を受診するようにしてください。

スポンサーリンク