滲出性中耳炎 子供 スイミング

子供の滲出性中耳炎でスイミングは可能?

スポンサーリンク

滲出性中耳炎とはその名前からも分かるように、何等かの理由によって中耳に炎症が起こる中耳炎の一種になります。
中耳とは耳の部分の一つで鼓膜の奥にある空間で、手で触れたりする事が難しい部分だと言えます。
滲出性中耳炎はこの中耳の中に浸出液という液体が溜まり、それが原因となって炎症が起こる疾患です。
年齢や性別等を問わずに誰にでも発生する可能性がありますが、基本的には子供に多い疾患として知られています。
子供が発症した場合には両耳に起こる事が多いですが、大人が発症した場合には片耳だけに起こる事が多いと言われています。
滲出性中耳炎が発生する原因は複数の事柄を考える事が出来ますが、特に多いものとして中耳炎が長引いてしまう事が挙げられます。
中耳炎が長引く原因については不明な点も多いですが、何等かの耳管の機能不全等が原因として考えられます。
ちなみに極まれではありますが上咽頭がんの初期症状として現れる事もあるので、くれぐれも軽く見ない事が大切です。

スポンサーリンク

滲出性中耳炎を発症した場合に現れる症状としては難聴や耳の閉塞感、頭が重く感じる等が挙げられます。
この中でも難聴はよく現れる症状として有名で、本人が知らない間に少しずつ症状がひどくなる事も少なくないです。
特に患者が子供の場合には本人が訴える事も少ないので、親等といった近くの人が普段から気にかけておく事が大切だと言えます。
滲出性中耳炎の治療方法については状態の進行具合等で異なり、軽度ならば経過観察となる事も少なくないです。
ただ状態がある程度まで進んだ場合には薬物療法を行ったり、鼓膜を切開する手術が行われたりします。
ちなみに滲出性中耳炎を発症した場合のスイミングへの対処については、慎重な対応が求められる事もあります。
スイミングの際に耳栓をして水の侵入を防いだり、顔を水中に入れたりしなければ大丈夫だという医師もいます。
しかし中には注意していても鼻等からの水の侵入は避けられないので、完全に治るまではスイミングは避けるべきという医師も少なくないです。

スポンサーリンク