幼児 耳が痛い 熱はない

幼児で熱はないが耳が痛いと訴えたとき

スポンサーリンク

子供は急に病気になったりけがをすることがあります。
したがって観察をしなければいけませんが、夜中に急に症状が発症することもあります。
夜中に幼児が耳が痛いと訴えることがありますが、このようなときは急性中耳炎の可能性が高くなります。
急性中耳炎になってしまったときには、あわててしまう人がいますが、あらかじめ知識を頭に入れておくことであわてることがありません。
何が原因で発症してしまうのかと言うこともあわせて覚えておくようにします。
子供が急性中耳炎を発症するときには次のような原因が考えられています。
それは風邪で熱が出ているときに痛みを訴える場合です。
このほとんどは急性中耳炎となります。
鼓膜の内側にある中耳と呼ばれるところに、細菌やウイルスが侵入して炎症が起こり、圧力がかかることで耳が痛くなります。
風邪の途中で中耳炎になったときには、夏がなかなか下がらないと言うこともあるので注意が必要です。
このほかに考えられることとしては次のようなものがあります。

スポンサーリンク

たとえば赤ちゃんの場合には吐いたミルクが耳の中にはいることで中耳炎を引き起こすこともあります。
幼児に多く見られるようになっていますが、それはなぜかというと、耳管がまだ未発達で、大人よりも短くて太くまっすぐな状態になっているからです。
したがって鼻や喉の影響を受けやすくなっています。
アレルギー性鼻炎によって耳管の粘膜が腫れたり耳管が圧迫されることで働きが悪くなると言うようなことが原因で中耳炎を引き起こしやすくなります。
しかし風邪などをひいていないときには熱はないことも珍しいことではありません。
急性中耳炎になったときには、応急処置として耳を冷やすようにします。
これは痛みの緩和をするためです。
夜中に急に耳が痛いと訴えたときには、すぐに病院に行くのが難しいこともあるので、まずは痛い耳の周辺を冷やすようにします。
部屋の温度を下げたり風通しの良いところへ移動するのも効果的です。
そして翌日には耳鼻科を受診するようにします。

スポンサーリンク