インフルエンザ 症状 耳が痛い

インフルエンザ発症後耳が痛い、こんな症状があった時の対処法

スポンサーリンク

インフルエンザといえば、高熱や関節の痛み、鼻水、のどの痛みといったものが代表的です。
実際にインフルエンザを発症した人も先に挙げた症状であれば体験したことがあるのではないでしょうか。
ただ、インフルエンザの場合、これらの他にも注意しておかなければいけない症状があります。
それは耳が痛い、耳に違和感があるといった症状です。
一見インフルエンザとは何の関係もなさそうですが、そのウイルスがのどや鼻を経由して耳の器官にも影響を及ぼしている可能性があります。
というのも、鼻と耳は耳管で繋がっており、風邪を引いたときや免疫力が低下している時にはそこを経由してウイルスや細菌が入り込みやすくなるのです。
病状が進んでいけば、発熱や聴力の低下、内耳のひどい痛みなどを引き起こします。
あまりに痛みがひどかったり、聞こえが悪くなると日常生活にも支障が出てきてしまうので、できるだけ早めに医療機関を受診することをおすすめします。

スポンサーリンク

耳に痛みがある場合、受診するのはそれを専門としている耳鼻咽喉科です。
中にはインフルエンザにかかっているということで内科を受診してしまう人もいるかもしれませんが、病院によってはそのまま帰されてしまう可能性もあるので注意が必要です。
こうした耳の痛み、中耳炎の治療は薬を服用していくことで行っていきます。
ある程度の期間は抗生剤や痛み止めなどの処方薬を服用することになりますが、それを続けていけば確実に症状は治まっていきます。
もちろん、中には治療内容が異なってくるケースもでてきます。
膿がひどい場合には個別に膿をかき出す処置を行っていきますし、それ以上のケースであれば手術を行っていく必要も出てきます。
もちろん、これは極端な例ですからすべての人がそうなるというわけではありません。
中耳炎は症状が進行すればするほど、痛みが強く出たり、聴力が低下したりと不快な思いをすることになるので、出来るだけ早い段階での治療開始、これが大切なポイントとなってくるのです。

スポンサーリンク