子供 発熱 耳が痛い

子供の発熱、耳が痛いという症状が出た時の応急処置について

スポンサーリンク

子供は大人に比べると抵抗力、免疫力が低いのでどうしても風邪を引きやすかったり、発熱などの症状が出やすくなります。
その子供の年齢が幼ければ幼いほど、その傾向は強くなるので、親は注意しておかなければいけません。
そして、急な風邪、発熱と共に現れる症状で気を付けておきたいのが耳が痛いというものです。
耳が痛いといわれると風邪や熱とは関係ないのではと思われる人もいるかもしれませんが、実はこの症状、風邪のウイルス、細菌が原因で引き起こされている可能性があります。
のどや鼻にいたウイルスや細菌が副鼻腔を経由して耳管、中耳部分に到達するのです。
そして患部が炎症を起こし膿を出す、これによって強い耳の痛みを引き起こしてしまうのです。
この症状は急性中耳炎と呼ばれ、小さな子供であれば頻発する病気としても知られています。
症状としては耳に強い痛みがあること、耳垂れがあり、ひどい時には聴力にも影響が出てしまうこともあります。

スポンサーリンク

子供が発熱と共に、耳の異変を訴えた場合、出来るだけ早く医療機関を受診する必要があります。
急性中耳炎であれば医師の処方する薬でないと症状を緩和していくことができませんし、放っておくことで病状はどんどん深刻化していきます。
とはいっても、急な発熱、痛みであればすぐに対処することは出来ませんし、夜間、休日であれば尚のこと、すぐに対応できません。
こうした場合、応急処置として、痛みのある方の耳を冷やすことをおすすめします。
氷枕などを活用して耳の後ろ、下部分を冷やしていきます。
さらに、横になって痛みが強くなるようであれば座らさせて様子を見てみましょう。
頭を高くすることによって血管が拡張するのを防ぎ、痛みを幾分抑えていくことができるのです。
もちろん、これはあくまで応急処置なので、あまりにも痛みが強い場合は早めに医療機関を受診するようにしましょう。
例え、応急処置で痛みが引いたとしても中耳炎自体が治ったわけではないので、しっかりと治療を受ける、これが大切なポイントです。

スポンサーリンク