風邪 耳が痛い 薬

風邪の後耳が痛いと感じたときの薬

スポンサーリンク

耳が痛いと感じることがありますが、そこに原因があることもあれば、耳以外の部分の痛みが広がって耳の付近で痛みを感じているというようなことも考えられます。
喉や顎の部分に何か炎症があり、それが原因となって痛みが発生していると言うことも少なくありません。
日常生活から考えられる原因としては、寒いときに耳が露出していると言うことで、血行が悪くなり痛みが発生することがあります。
また耳の中の急激な気圧の差によって痛みが発生することもあります。
耳掃除をすることがありますが、このときに耳道を傷つけると痛みが発生します。
また病気によって引き起こされると言うこともあります。
代表的なのが中耳炎ですが、これは細菌やウイルスに感染し、中耳に炎症が起こることで発症する疾患です。
風邪やインフルエンザなどの感染症の後に急な痛みに襲われることがあります。
このようなときには中耳炎の可能性が高くなります。
治療をしっかりと行わないと慢性化することもあります。

スポンサーリンク

このように耳が痛いときにはさまざまな原因が考えられますが、気圧の差で痛みが発生しているという場合には、耳抜きをするのが効果的です。
耳の中と外の気圧調整をする方法として、唾液を飲み込むという耳抜きがあります。
しかしこのときに注意しなければいけないことがあります。
それは寝ているときや目が覚めてからしばらくの間は、耳の気圧調整を上手に行うことができません。
また痛みを少しでも軽減させるために市販薬を使うという方法があります。
痛み止めの薬になりますが、頭痛薬を服用することで痛みが治まることがあります。
しかし薬を服用するときには、今まで使ったことがないというようなものはできれば選ばないようにします。
成分やどのような症状に効果があるのかをしっかりと確認するようにします。
痛みがなかなか取れず長く続くというような場合には、自分で判断せずに病院を受診するようにします。
放っておくと難聴などの原因となってしまいます。

スポンサーリンク