奥歯 虫歯 耳が痛い

奥歯の虫歯が原因で耳が痛い、こんな症状があった場合の対処法

スポンサーリンク

奥歯の虫歯が進行して痛みが強くなった、もしくは歯周病や虫歯の治療後に痛みがあまりにも強すぎるという場合、その周辺の組織、器官にも影響を及ぼすことがあります。
例えば耳が痛い、あごが痛いといった症状です。
耳が痛いとなると、多くの人は耳の器官に何かしらの原因があるのではと考えるのでしょうが、こうした歯のトラブルが原因で引き起こされる痛みもあるのです。
もちろん、中には本当に耳や神経系のトラブルによって痛みが引き起こされている可能性もあるので、出来るだけ早い段階で医療機関を受診することをお勧めします。
正確な判断の後、治療を開始することでその痛みを的確に解消していくことができるのです。
基本的にこうした歯のトラブルによって耳にも症状が出ているという場合、その根本の原因となっている歯の治療を進めていけば自然と症状は治まっていきます。
痛みがあまりにも強い場合には鎮痛成分のある薬が処方されますし、そう不安に感じることもありません。

スポンサーリンク

では、実際に自宅でそういった奥歯の痛み、耳の痛みを感じた場合、どう対処していけばいいのでしょうか。
できるだけ早く医療機関を受診するのが一番ではあるのですが、夜間や休日ですぐに行動に移せないという場合、医療機関以外の対処方法が必要になってきます。
そういった場合は市販されている鎮痛剤でその痛みを和らげて行きましょう。
必要に応じて歯やその周辺、耳の下部分などを氷で冷やすのも有効です。
患部を冷やすことによって血管の拡張を防ぎ、痛みも軽減していくことができるのです。
市販の鎮痛剤を服用しながら、それでもだめなら患部を冷やして対処していく、これで大半の症状は抑えていくことができます。
ただ、あまりにも痛みがひどいという場合、薬を飲んでも対処しきれないという場合には、夜間診療を行っている場所を探して受診していくといいでしょう。
痛みが強すぎて日常生活に支障を来してしまう、そんなケースもあるのであまり症状が悪化する前に治療を開始しておくのがベストだと言えます。

スポンサーリンク