子供 耳が痛い 対処法

子供の耳が痛い時の対処法を知って、子供をしっかりと守りましょう

スポンサーリンク

子供が風邪で鼻水が出ている時などに耳が痛いと泣き出したりする場合のほとんどは急性中耳炎です。
小学生くらいまでの子供に多く、特に0〜3歳児がかかりやすいのが特徴です。
鼓膜の奥にある中耳は耳管という管でのどと鼻がつながっています。
中耳炎は細菌やウイルスが耳管を通って中耳に感染することで起こります。
風邪を引いた時にはのどや鼻にある菌が耳管を通って中耳に入って炎症を起こすことで中耳炎になります。
子供に中耳炎が多いのは耳管が未熟で大人に比べて太く、短く、水平になっているため鼻やのどの影響を受けやすいからです。
大人の耳管の形に近づくにつれて中耳炎になりにくくなります。
症状は急に高熱が出て元気がなくなり、やがて耳が痛くなるのが特徴です。
言葉で伝えられない乳幼児は機嫌が悪くなりぐずったり、耳のあたりにしきりに手を持っていったりします。
夜中に耳を痛がることが多いのは、寝るために横向きになって中耳に血流が増えるためです。

スポンサーリンク

急性中耳炎にかかったときの対処法はまず冷やしてあげることです。
ビニール袋に氷水を入れたり、冷えピタなどで耳のあたりを冷やすと、痛みが和らぎます。
風邪の後の耳の痛みは急性中耳炎であることが多いですが、外耳炎やおたふくかぜ、歯やのどの痛みが影響している場合もあります。
でも痛みの原因は炎症であることがほとんどなので冷やすのが効果的です。
また室温を下げたり部屋の風通しをよくすることも耳の痛みを緩和するのに効果的です。
それでも耳の痛みがおさまらない時は座薬を使うのがおすすめです。
座薬は通常38.5度以上の熱が出た時に使うように処方されるものですが、熱はないけど耳が痛い時にも使用して問題ありません。
痛みが軽減されます。
ただこれで急性中耳炎が治ったわけではないので、耳鼻科を受診しきちんと診察を受けて治療する必要があります。
急性中耳炎にかかりにくくするためには、免疫力を高めて風邪を引きにくい体を作ることです。
免疫力をつけるためにはしっかりと睡眠をとり、3食きちんと食べることが大切です。
特に朝食をしっかり食べないと元気が出ず免疫力が低下してしまいます。

スポンサーリンク