子供 耳が痛い あくび

子供があくびをして耳が痛い時には、急性中耳炎かもしれません

スポンサーリンク

 「急性中耳炎」は、子供が発症することが非常に多い病気です。
子供の耳管は、大人に比べて太く短いために、風邪をひいただけでも、たびたび急性中耳炎を起こすようになります。
大人の場合には、耳管が細く長くなっていますので、風邪をひいたくらいでは中耳炎にはかかりません。
 そもそも、「耳管」とは、鼻の奥、喉の上の方にある、耳とつながる管のことです。
あくびをしたり唾を飲みこんだ時に、喉がぱかっと開いた感じになって、元に戻る状態は、耳管の働きによるものです。
耳管は、耳とつながっている唯一の器官であり、鼓膜の内側の中耳空につながっています。
 急性中耳炎の症状で一番多いのが、耳が痛いという症状です。
夜中に痛み出したなど、病院へ行くまでの対処法としては、痛みは身体が温まった時に起こりやすいので、冷たいタオルで耳の周りを冷やすという方法が有益です。
一過性の痛みが多いので、たいていこの方法で、耳が痛い場合には対処することができます。

スポンサーリンク

 耳の痛みがひいても、急性中耳炎が治ったわけではありませんので、耳鼻科を受診して、きちんと治療するようにしましょう。
急性中耳炎のおもな原因は、ばい菌です。
ひどくなれば鼓膜が破れて、耳から汁が出てきます。
鼓膜が破れると耳の痛みはなくなるのですが、実際には急性中耳炎は悪化した状態となります。
ゆえに、耳が痛くなくなっても、耳鼻科で診断を受けることをおすすめします。
 一般的に中耳炎というと、痛みや熱を伴うことが多い「急性中耳炎」を指す場合が多いようです。
中耳炎とは、耳の鼓膜から奥の部分である中耳の部分に、炎症が起こる病気です。
急性中耳炎のほかに、内耳に浸出液がたまる「滲出性中耳炎」や、「慢性中耳炎」「真珠腫性中耳炎」「航空性中耳炎」などがあります。
 前述しましたように、あくびをしたり唾を飲みこんだ時に、耳の詰まった感じがとれるのは、耳管が開いて中耳の空気圧を調整するからです。
風邪をひいただけでも、子供は耳管炎を起こしてしまい、耳管の粘膜が腫れて、中耳の換気が不十分となり、結果、急性中耳炎になるというわけです。

スポンサーリンク