風邪 耳たぶが痛い

風邪と同時に耳たぶが痛いと感じる原因の説明

スポンサーリンク

一般的に風邪を発症すると発熱や頭痛といった症状が中心となっており、市販薬もしくは内科を受診することで完治することが多いです。
しかし中には耳たぶが痛い症状を誘発することがあり、原因としておたふく風邪になると発症します。
おたふく風邪とは耳の痛みを感じてしまうことが多い病気であり、症状として耳たぶが痛いと感じることがあります。
炎症を起こして痛みを感じさせてものとなっており、症状として数日から5日ほど続くことが多いです。
さらに38度以上の高熱が出てしまうことも多いため、体がだるくなったり食欲不振になることもあります。
症状については耳と頭痛が中心となっているため、耳鼻科か内科を利用することで完治させていきます。
しかしどちらかというと耳の症状の方が重いことが多いため、内科よりも耳鼻科を利用した方が完治しやすいです。
このような病気に感染してしまうことによって、耳たぶが痛いと感じたり頭痛を感じることがあります。

スポンサーリンク

 2つめの風邪と同時に耳たぶが痛いと感じてしまう原因として、中耳炎という耳の病気に発症した場合になることがあります。
これは風邪のウィルスや細菌が耳に感染することで発症する特徴があり、誰にでもかかってしまうことがあります。
特徴として刺すような痛みを感じることが多いため、耳の病気の中でも比較的症状がはっきりしています。
一般的に聴力について影響が出る病気ではありませんが、放置したり悪化すると難聴や髄膜炎と発症させることがあります。
これらの病気を発症してしまうと、耳鼻科での治療が長期化されてしまうことが多くなっています。
そのため中耳炎という症状を早めに治療することが、一番の解決方法となっています。
また痛み出したのが夜間が休診日である時には、応急処置として耳の部分を冷やすことで和らげることが可能となります。
ですがあくまでも応急処置的なものなので、早めに耳鼻科を受診して早めに治療を受けることが大切です。

スポンサーリンク