耳たぶ 痛い 花粉症

花粉症で耳たぶが痛い

スポンサーリンク

花粉がたくさん飛散する時期になると、鼻水やくしゃみ、このほかには頭痛などといったようなさまざまな症状に悩まされる人が多くなっています。
このような症状のことを花粉症といいますが、個人によって現れる症状もさまざまとなっています。
したがって一概にどのような症状が出るかと言うことははっきりと言えませんが、中には耳たぶが痛いというような耳の痛みを訴える人もいます。
花粉症で耳に何らかの症状が出るというのはあまり聞かないことです。
検査をするときにも症状調査の項目の中にも入っていません。
しかしこのような耳の症状に悩まされているという人も少なくないのです。
具体的にはどのような症状があるのかというと、耳のかゆみや詰まったような感じ、ふさがったような感じになることがあります。
耳たぶなど耳の痛みを感じる人もいます。
耳のかゆみに関しては、アレルギー性皮膚炎の治療と同じように抗ヒスタミン薬で対処をします。
状況に合わせて外用薬を使います。

スポンサーリンク

また耳が詰まったような感じやふさがったような感じがあるという場合には、漢方薬がたくさん使われています。
これは第一選択薬となっています。
耳たぶ対タイと感じる場合には、その奥に何か病気が隠されていないかを確認します。
耳が痛いと訴えたときには多くが中耳炎の可能性があります。
症状が重いときや発熱を伴っているというような場合には、必要に応じて耳鼻科を受診します。
耳鼻科では薬を処方してもらいますが、抗生物質や消炎鎮痛剤などになります。
症状が軽いという場合には、漢方薬だけでもしっかりとした効果を実感できます。
症状が重い場合でも漢方薬を内服して抗生物質を併用することで、しっかりとした効果を期待できます。
このように耳に関するさまざまな症状で悩んでいる人は症状に合わせた対処を取ることが必要ですが、鼻や目や喉などの症状が同時に発症しているときには、何か他の病気も疑われるので早めに病院を受診し、詳しい検査を受けることが大切です。

スポンサーリンク