耳たぶが痛い 子供

子供が耳たぶが痛いと感じてしまう原因について

スポンサーリンク

子供が夜中などに耳たぶが痛いと感じてしまうことの原因について、主に中耳炎という病気が関係していることが多いです。
中耳炎とは細菌やウィルスが耳に侵入してしまう病気であり、中耳という部分に発症することがあります。
発症することで痛みを感じることが多くなっており、一例として耳たぶが痛いと感じるようになってしまいます。
また大人に比べて子供は中耳炎という病気を発症しやすく、原因として耳管と呼ばれる部分が未発達であることが要因です。
そのため大人に比べて病気の発症率が高くなっており、症状が鼻や喉にまで出てしまうこともあります。
対処法については自己ケアでは完治しないことが多いため、耳鼻科を受診することで治療を行っていきます。
耳鼻科では中耳炎の専門分野となっており、子供だけでなく大人の利用患者数についても増加傾向にあります。
このように中耳炎という病気を発症することで、耳たぶが痛いと感じるようになってしまうことがあります。

スポンサーリンク

 2つめの子供が急に耳たぶが痛いと感じるようなる要因として、肺炎球菌と呼ばれる病気に発症することでも起こります。
これは口や鼻から細菌やウィルスが侵入することで発症することがあり、それが耳にまで流れることで起こることがあります。
主に学校のプールやお風呂場のお湯が原因となっており、これが耳に流れることで発症する事例が多くなっています。
また肺炎球菌という症状が悪化することによって、中耳炎という耳の病気になってしまうこともあります。
そのため中耳炎とセットで発症することも多くなっており、治療についても耳鼻科を診察していきます。
治療法については細菌やウィルスが原因となっているため、抗生物質や抗菌薬が処方されることが多いです。
また耳たぶが痛いといっても大きな痛みが発症するわけではないので、救急車を呼ぶほど深刻な病気ではないです。
症状としては子供が痛がることが多いですが、病院に連れていくのは翌日以降でも問題ない病気となっています。

スポンサーリンク