中耳炎 熱 上がったり下がったり 原因 対処

中耳炎で熱が上がったり下がったりする原因と対処法

スポンサーリンク

中耳炎とは、何らかの原因で耳の奥、鼓膜の手前にある中耳と呼ばれる部分に炎症が起きている状態の事を指します。
中でも、年齢を問わず、一番多いのは急性中耳炎です。
風邪をひいた後に、突然、耳が痛くなり、聞こえが悪くなります。
かなりの激痛なので、言葉が話せない子供でもしきりに耳を触ったり、不機嫌になったりするので発覚する事が多いです。
原因としては、風邪をひいた後に、風邪の原因となっている細菌やウイルスが耳の奥でも増殖し、炎症を起こしている事が殆どです。
炎症によって腫れたり、膿が出てきて鼓膜を内側から圧迫する事によって痛みが起こるというわけです。
中耳炎は、乳幼児や子供に多い疾患としても、良く知られています。
乳幼児は、耳と鼻を繋ぐ管が太くて短く、大人に比べて水平に近いので、鼻や喉の炎症が耳にも広がりやすいのです。
また、細菌やウイルスに対する抵抗力も未熟で、発熱といった全身症状にも?がりやすいと考えられています。

スポンサーリンク

中耳炎になると、熱が上がったり下がったりを何日も繰り返す事があります。
乳幼児や子供は、風邪でも、熱が上がったり下がったりを繰り返しながら、三日程かけて次第に治っていきます。
しかし、三日を過ぎても熱が下がりきらない場合は、中耳炎や他の病気を合併している可能性があるので、病院を受診する事が大切です。
病院で、中耳炎と診断されると、症状を和らげたり痛みをとる薬が処方される事が多いので、医師の指示通り服用していきます。
下がった熱がぶり返すことによる体力の消耗は激しく、しばらくは辛い症状が続くので、できるだけ安静を保つようにします。
また、汗を大量にかくので、しっかり水分補給をし、消化の良いものを少しずつ食べさせるようにするとよいでしょう。
布団や上着で体温を調節してあげる事も大切です。
熱が上がったり下がったりしている間は、お風呂は控え、温かいタオルで全身を汗や汚れを綺麗に拭いてあげる事で対処していきます。

スポンサーリンク