中耳炎 熱 続く 対処法

中耳炎の熱が続く場合の対処法

スポンサーリンク

中耳炎とはのどや鼻についた細菌やウィルスが、耳を通って中耳に入ることで、炎症を起こします。
耳は外側から外耳と中耳、内耳と分離していて、内耳部分が炎症を起こしている状態です。
水に触れる夏に多い症状と思われがちですが、水は原因ではなく多くは風邪によるものです。
特に小さい子供は耳管内部が大人より短く、免疫も少なく細菌が侵入しやすい構造なので注意が必要です。
中耳炎には2種類あって急性と慢性に大きく分けられます。
急性中耳炎は、鼻炎やアレルギーから起こり、急に耳が痛くなったり熱が続くなどの症状が出ます。
内耳腔に膿が溜まって鼓膜が外耳道側に腫れた状態ですが、中に溜まった液体が外部へ流れ出ることによって症状が軽くなります。
軽度であれば自然治癒することもありますが急性中耳炎が長引く場合は慢性となり、耳鳴りや耳の閉塞状態が続きます。
あまりに耳が痛い時の対処法は、氷水を当てて冷やすのが効果的です。
お風呂などは血管が拡張するので血行を良くすることは避けましょう。

スポンサーリンク

中耳炎は鼓膜内側の耳に細菌感染がおこり、炎症が起きる病気です。
季節の変わり目などで鼻炎になったとき、ウィルスが喉の奥から感染して急性の炎症が起こり、痙攣や高熱、嘔吐などの症状が続くのが特徴です。
急性の場合、比較的短期で治ることが多いのですが、慢性の場合は長引くと難治化して難聴になったり、集中力が落ちて学習力低下につながることがあります。
早めに耳鼻科での診断が必要です。
診断は問診と視診になり、対処法は抗生物質や炎症を抑える薬を内服します。
それでも痛み、熱が続く場合は膿が溜まっている状態なので、鼓膜の切開手術になります。
小さなチューブを入れて中耳に空気が入るようにして膿を出します。
鼓膜は数日で再生します。
風邪が原因で起きることが多いので、普段から風邪をひかないように気を付けることが大事です。
注意が必要なのは鼻水がたまったり炎症を起こすと、余計に悪化するので対処法は鼻水をためないことです。
また完全に治りきらないと滲出性中耳炎に移行することがあります。
必ず完治するまで治療しましょう。

スポンサーリンク