中耳炎 自然治癒 何日

中耳炎は何日ぐらいで自然治癒するのか

スポンサーリンク

中耳炎になると、耳の痛みや聞こえにくさ、発熱等の症状が出てきます。
風邪をひいた後に起きる急性の中耳炎は、喉や鼻水に含まれる細菌やウイルスが耳の奥に感染して発症する事が殆どです。
炎症によって耳の奥が腫れたり膿を持ったりして、鼓膜を圧迫し痛みがでてくるのです。
炎症が進むと、鼓膜が破れ、耳垂れとして膿などが排出されます。
鼓膜が破れてしまうと、耳の痛みは次第に軽減しますが、聞こえにくさはしばらく続きます。
場合によっては、ひどい炎症が起こっているのに鼓膜がなかなか破れずに激痛や高熱を伴う事もあります。
病院では、鼓膜を少し切って中の膿などの排出を助けるという処置を行う事が可能です。
激痛や高熱が出れば、迷わず病院で診察を受ける事が大切です。
炎症や熱を抑える薬や細菌を殺す薬も合わせて処方される事が多いので、適切に服用すれば1ヶ月程度で治っていく事が多いです。
急性の中耳炎の炎症の程度は様々で、炎症を放置しても鼓膜が破れて自然治癒する事が多いのが特徴です。

スポンサーリンク

耳の違和感や聞こえにくさを少し感じる程度の炎症であれば、しばらく様子をみている間に自然治癒してしまう事が多いです。
耳の痛みや熱もある中程度から高度の炎症でも、鼓膜が自然に破れ、痛みがピークを越えてしまうと病院へ行かなくても自然治癒してしまいます。
病院へ行って投薬や処置をしてもらっても、完治まで1ヶ月程度を要するのに、自然治癒は何日くらい要するのかと思う方もいるでしょう。
中程度から高度の炎症では、自然治癒には2ヶ月から半年を要する事が多いのです。
いずれ治るとはいっても、何日も耳が聞こえない、聞こえにくい状態で生活することになるので大変不便で危険です。
一度、炎症が治まったようにみえても、ぶり返す事もあり、慢性化してしまうケースも報告されています。
耳の痛みや熱があれば、自然治癒を待たずに病院を一度受診する事をおすすめします。
また、痛みは無くても、耳の聞こえにくさが何日経過しても治らない場合も一度、受診しておくと安心です。

スポンサーリンク