中耳炎 子供 外出 風邪

風邪から始まる子供の中耳炎と外出のタイミング

スポンサーリンク

子供がかかりやすいと言われる中耳炎。
これは風邪や鼻づまりがきっかけとなり、鼻から入った菌が耳の鼓膜の奥、中耳とよばれる場所で起こす炎症です。
なぜ子供がかかりやすいかというと、この鼻と耳をつなぐ耳管と呼ばれる管が子供は太く、また短いからです。
炎症が激しくなると膿がたまり、その膿に圧迫された鼓膜は腫れあがります。
こうなった時の一番の対処法は膿を出すことなのですが、子供の耳管は傾斜が緩やかなため、膿がたまりやすくかつ出にくいのです。
この結果、中耳炎はかかりやすく、治りにくい疾患ということになってしまいます。
中耳炎の一般的な症状は、耳が痛む、鼻水が出る、熱が出る、耳だれ、聞こえにくいといったものが挙げられますが、中には自覚症状がない場合もあるので、風邪などを引いた後にはよく様子を観察することが大切です。
放っておくと手術などを受けなければならなくなる場合もありますので、怪しいかなと思った場合にはすぐに病院で診てもらいましょう。

スポンサーリンク

中耳炎と診察された後は、痛み止めや抗生物質の服用が一般的です。
2、3日安静にしていれば痛みも治まり、普段通りに生活することができるようになります。
熱や痛みがあるうちは外出を控えさせていても、食欲も出て、症状も鼻水が出るくらいだと感じるようになるともう外出してもよいのではと思う方も多いでしょう。
小さな子供なら尚更、ずっと家の中に居るのは退屈でしょうし、元気そうだし外に出してあげたいと思ってしまいますが、中耳炎は自覚症状がないケースもあります。
大丈夫だと思っていてもまだ耳の中は腫れているかもしれません。
また、寒い時期などに外出することで風邪などをぶりかえし、せっかく治ってきた炎症が再発してしまう可能性もあります。
一度中耳炎になった場合には、風邪をひいた時と同様、医師の指示通り薬などを続けて服用し、完全に治ったと判断されるまではできる限り自宅で安静にしていましょう。
かかりやすく再発しやすい子供の疾患だからこそきちんと治していきたいものです。

スポンサーリンク