中耳炎 鼓膜切開後 耳垂れ いつまで

中耳炎の鼓膜切開後の耳垂れはいつまで続く?

スポンサーリンク

中耳炎とは、耳の奥に起きる炎症の一つです。
風邪をひいた後に、鼻や喉から細菌やウイルス感染が起こり、急激に発症する中耳炎が良く知られています。
炎症を起こすと、耳の奥が腫れたり膿を持ち、鼓膜を圧迫して激しい痛みが現れます。
ひどくなると、自然に、鼓膜が破れて耳垂れがでたり、高熱が出る事もあります。
特に、乳幼児では鼻や喉と耳を繋ぐ管が短く水平に近い形をしているので、感染を起こしやすく、風邪をひくたびに、注意が必要です。
言葉の話せない乳幼児は、耳をしきりに触ったり、終始不機嫌になったりして、耳の異常を大人に知らせます。
いつまでも泣き叫ぶ状態になれば、かなりの激痛を感じている状態なので、至急、病院へ連れて行くことが大切です。
中耳炎での痛みや発熱は、鼓膜を内側から圧迫する事によるものなので、鼓膜が破れて中の膿などが排出されれば、症状は次第に軽快していきます。
なかなか、鼓膜が破れずに辛い症状が長引くようであれば、医師の判断で鼓膜切開をして膿などを出す事もあります。

スポンサーリンク

耳の痛みが激しく、38度以上の発熱が認められ、鼓膜が赤く腫れあがっていたり、破れ方が不十分な場合は、先述の鼓膜切開術が適応される事が多いです。
簡単な処置で終わり、症状もすぐに軽快していきますが、新たな細菌が傷口から進入しないように、鼓膜切開後にきちんとケアする事が大切です。
鼓膜切開後は、激しい耳垂れを起こす事がよくあります。
血が混じっている事も多いですが、耳の中まで拭き取る必要はなく外に出た分だけを綺麗に拭き取ります。
切開当日は、いくら拭き取っても出続け、いつまで出続けるのか不安になる方も多いですが、日を追って耳垂れの量は減少します。
鼓膜切開後、耳垂れが出ている間は、病院にこまめに通い、耳の掃除をしてもらうと安心です。
耳垂れを放置するとすぐに固まってしまうので、こまめなケアが必要なのです。
1週間をすぎても、いつまでも耳垂れが出ているという場合は、違う種類の中耳炎に移行している恐れがあるので、再度、受診をおすすめします。

スポンサーリンク