飛行機 耳が痛い 耳栓

飛行機で耳が痛いときに耳栓を使う

スポンサーリンク

飛行機で移動するときには、色々な準備が必要です。
航空性中耳炎を持っている人は、特に事前の持ち物確認が必要です。
航空性中耳炎というのは、上空で耳が痛いという症状に悩まされやすい人です。
まずこの耳の痛みが出る理由を簡単に考えます。
一言で言うと、地上と上空では空気圧に違いがあり、それが耳に痛みを引き起こすのです。
人によって異なることがありますが、耳に痛みが出るのは上昇するときよりも、飛行機が目的地に向けて高度を下げるときです。
それでその時に向けて、対策を講じておくと航空性中耳炎にあまり苦しまなくてすみます。
一つの方法は、航空性中耳炎を軽減するための耳栓を使うことです。
耳栓を使うタイミングにポイントがあります。
下降し始めるときに痛みが起きますが、その直前にするのでは間に合いません。
もう耳の中の気圧が、飛行機内の気圧になってしまっているからです。
装着するタイミングは、まだ飛行機が地上にいるときが最善です。

スポンサーリンク

外すタイミングは、飛行機が着陸してからがいいです。
つまり、機内に入ったらすぐに耳栓を装着し、つけっぱなしのままでいます。
装着する際のコツはあるでしょうか。
耳の奥の形は、人によって異なります。
目標は耳の形に合わせて、なるべくピッタリ押し込むようにします。
押し込む際に意識したいのは、耳栓がまっすぐに入るようにすることです。
斜めになった状態で押し込んでも奥まで届くのですが、この場合栓の形がかなり歪むのであとで痛みを感じることがあります。
気圧とは関係のない痛みで耳栓を一度外してしまうと、せっかくの痛み対策が上手く作用しなくなります。
それでフライトを待っている間に、練習しておくことが出来ます。
人によっては、斜めに装着していても気が付きません。
しばらくたってから痛みが出て気が付きます。
それで、まっすぐに装着できたのか、斜めになっているのかを体感できるように事前練習するのです。
そうすることで機内でより快適に過ごすことが出来ます。

スポンサーリンク