中耳炎 熱 いつまで

中耳炎による発熱はいつまで続く?

スポンサーリンク

中耳炎を起こすと、耳の中に水が溜まり、発熱を伴うことがあります。
果たしてそれはいつまで続くのでしょうか。
かかってしまうととても不安なものでしょう。
発熱自体は、だいたい2 〜3日ぐらいは続き、症状は1週間くらい続くことが多いでしょう。
耳鼻科で薬を処方してもらい、決められた通りに薬を飲んでいれば、大概の場合は治ります。
しかし、まれに重症化することもあり、重症化してしまうと、治療とはとても痛いもので、大人であっても耐えられない場合があります。
中耳炎による発熱は、決して特別な病気ではありません。
子供であれば誰でもかかることも多いので、それほど心配することはありません。
いつまで熱が続くのと不安になられる方も多いと思いますが、先に記載した通り、治らない病気ではありませんので、医者を受診し、ゆっくり休ませてあげることが肝心です。
小児科よりも耳鼻科に行かれた方が、その場でいろいろ対処もしていただけますし、治るのも早いでしょう。

スポンサーリンク

中耳炎は子供だけの病気ではありません。
大人だってかかることもあります。
大人があれば、仕事を休まなければならないこともありますので、それがいつまで続くのだろうかと、不安になられる方も多いでしょう。
大人の場合、ストレスで中耳炎になることもあります。
この症状にかからないためにも、普段からストレスをためないように、ストレス発散方法をうまく身につけておくことが重要です。
また、放置しておくと、難聴になるケースもありますので早めに医療機関を受診することが大切です。
中耳炎による発熱の症状自体は、だいたい2 〜3日程度で収まります。
また、高熱が出ている時以外は、シャワーなどで身体を清潔にしておいたり、栄養補給を十分に取っておいた方が、症状が治るのも早いでしょう。
最後に、子供がかかるケースと同様、中耳炎は決して特別な病気ではありません。
そのため、かかっても不安になることはなく、風邪と同じで医療機関を受診し、ゆっくり休むことが完治への早道です。

スポンサーリンク