拍動性耳鳴り 原因 対処法

拍動性耳鳴りの原因と対処法

スポンサーリンク

耳鳴りには自分だけに聞こえるものと、他の人にも聞こえるものがあります。
しかし、それ以外にも拍動性耳鳴りが存在しているため、正しい知識を知って対処法を学んでください。
拍動性耳鳴りは、心臓の脈拍を打つような音でなる耳鳴りを指します。
心臓の脈拍と同時に聞こえるのが特徴で、悪化するとめまいや吐き気などを起こすため、注意が必要です。
主な原因として挙げられているのが、病気が隠れている場合です。
病気としては頭部や耳の病気が挙げられます。
例として、動静脈奇形です。
この病気は毛細血管を通さずに動脈から静脈に血液が流れてしまう病気で、早急な手術が必要となります。
血管腫や髄膜腫なども可能性もあり、この場合にはすぐに手術を受けないと危険な状態になる可能性が高いため、脳外科で検査を受けなければなりません。
他にも良性腫瘍のグロームス腫瘍があります。
一般的には指先にできますが、まれに中耳や頸静脈球部と呼ばれる頭蓋骨の下の部分にできる場合もあるため、CTで撮影し、早急な手術が必要です。

スポンサーリンク

それ以外にも拍動性耳鳴りである場合もありますが、原因に関してははっきりしていません。
まれに原因として挙げられているのは首や肩、背中のコリなどです。
肩こりやストレスが原因でかかる病気とも言えますので、対処法としては、肩こりやストレスの原因を排除してください。
肩こりは整体師などにお願いすることで対応してもらえますが、対人や様々なストレスの場合には対応によってどうしても逃げられないこともあります。
その場合にはストレス解消できる趣味や、気分転換できる趣味を見つけることです。
心を鍛えることで病気が立ち去ることも珍しくありません。
そのため、メンタルを鍛えることを対処法としている人もいます。
心の中を見つめなおし、どんなことが原因と思うのか、どんなことにストレスを感じるのか考えながら過ごす時間も大切です。
ヨガや瞑想などを行うことでストレスを解消する人もいますし、散歩や山歩きをすることで解消できる人もいますので、参考にして下さい。

スポンサーリンク