片耳 耳鳴り 低音 原因 対処法

片耳に低音の耳鳴りがする原因と対処法

スポンサーリンク

耳鳴りを感じることは、さほど珍しいことではありません。
しかし、その耳鳴りがある日突然、それも片耳だけに起こり、ずっと続くようなら、早めに耳鼻科を受診したほうがよいでしょう。
また、耳鳴りのほかにめまいや頭痛、肩こりや不眠といった症状も併発しているなら、メニエール病や突発性難聴を疑います。
低音や高音の耳鳴りが続き、耳閉感を伴うこともあります。
内耳が原因で起こる病気ですが、どちらの病気にも言えることは、発症から3日以内、もしくは遅くとも1週間以内に病院を受診し、適切な治療を開始することが重要となります。
なぜなら、約1か月ほど経つと、聴力が固定してしまうからです。
そうなる前の早めの治療開始が、その後の回復に大きく関わってくるのです。
忙しさや病院へ行くのが億劫なことを理由にせず、まずは医師の診断を受けましょう。
病状によっては、入院治療が必要な場合もあります。
今後の聴力を左右する1か月ですから、職場や学校の理解を得て、治療に専念できる環境を整えましょう。

スポンサーリンク

突発性難聴は、片耳だけに起こり、同じ耳では再発しない病気です。
しかしメニエール病の場合、めまいなどを繰り返し、再発するのがこの病気の特徴です。
詳しい原因はまだ解明されておらず、ストレスが引き金になるとも言われています。
また、疲れがたまっていたり、睡眠不足が続いているなど、体力が低下しているときに起こりやすくなります。
対処法として再発を予防するには、生活習慣に気を付け、しっかりと休養をとることが大切です。
また、突発性難聴などの後遺症として、低音や高音の耳鳴りが残る場合があります。
あるいは、テレビの音が割れて聞こえたり、空調の音が異様に響くなど、日常生活に支障をきたすこともあります。
そんな時は、耳栓などを上手に利用し、雑音をカットすることも対処法として必要です。
耳の休養にもなりますし、不要なストレスを受けないためにも、意識して耳を休ませましょう。
また、イヤホンなどの使用は控えたほうがよいでしょう。
コンサートなど、大音量で楽しむイベントにも注意が必要です。
片耳に突然起こる低音や高音の耳鳴り、またはめまいなどの症状を感じたら、すぐに病院を受診しましょう。
普段何気なく酷使してしまっている耳も、大事に扱ってあげましょう。

スポンサーリンク