音響外傷 治らない 対処法

治らない音響外傷の対処法

スポンサーリンク

大きな音を聞いた後などに、耳が聞こえなくなったり、耳が詰まったような感じがしたり、耳鳴りがしたり、様々な耳の不調に至るのが音響外傷です。
どのぐらいの音のボリュームで疾患に至るかと言うと、個人的な格差が大きいのですが、一般的にはライフルや機関銃などの武器を使用する際の破裂音レベルであれば音響外傷に至る可能性は高いと言われています。
また、コンサートやライブ等に行った後に、耳が詰まったような感じになったり、耳鳴りがして何だかおかしい、といった経験がある方も多いのではないでしょうか。
その場合も音響外傷の可能性があります。
日常的に大きな音を聞く頻度の高い職業の人や、音楽好きで良く大きな音で聴くと言ったケースでも充分起こりうる、と考えられます。
音楽関係者に多いというのも良く聞く話です。
治らないレベルになる前に対処法を会得しておいたほうが良いのでしょうが、実際具合が悪くならないと、あまりそういった対処法に関しては無関心と言う方も多いと思います。

スポンサーリンク

電車の中でイヤホンを使って大音量で音楽を聴いたり、クラブで憂さ晴らしをしたり、車を運転する方の中には運転中人目を気にせず大音量で一人カラオケなんてかたもお見受けしますね。
音響外傷は音響機材が発達した現在、生活の延長線上にある、切り離して考えられない問題であるとおもいます。
特に音楽好きにとってはそうでしょう。
治らない音響外傷に至る前に、事前に自主的に対処法を試していくしかありません。
不調を感じたら即座に耳鼻科に行くことをお勧めします。
発病して一週間以内に治療を行うことで完治する可能性が高まります。
対処が遅ければ遅い程、完治する可能性は低くなります。
治らない、と泣く前に手段を講じるべきでしょう。
疾患に至る前であれば、適切な音量で音楽を聴くとか、耳触りになる程大きな音のする場所に行かないとか制限をするとか、耳栓を利用するという手もあります。
耳栓にも素材やサイズ、タイプなど、色々な種類があり、自分にあったものを装着するのが良いでしょう。
耳を意図的に休ませることも有効な対処法の一つです。

スポンサーリンク