飛行機 耳が痛い 子供

飛行機で耳が痛いという子供の対処法

スポンサーリンク

格安航空機の増加により、遠方の旅行で飛行機に乗っての移動が増えてきています。
そのことから子供も、飛行機デビューが早くなり、意外に搭乗したに困ってしまうのが、耳が痛いという子供の訴えです。
知識がないと、少しパニックになり逆効果ということもあるので注意が必要です。
基本的には、往復で飛行機を利用することが多いので、自分にあった対処方法を知っておくことが大切です。
せっかくの旅行も台無しになってしまうことがあるので、周りの大人の対応が必要になってきます。
飛行機の離着陸により、気圧の変化で耳に違和感を覚える人は、子供に限らず、大人にもいえます。
大人の場合は、耳抜きなどを行うことで、自分で対応する人がほとんどです。
しかし幼児などの場合は、耳抜きじたいを行うことが困難な場合が多く、耳抜き以外の対策が必要になります。
子供でも上手にできるケースもあるので、搭乗前に一度、大人と一緒に試してみるのもお勧めになります。

スポンサーリンク

飛行機での耳の違和感を軽減させる方法として、簡単なことは、離陸直前から飴をなめさすことにより、自然と唾液を分泌させることにより耳の痛みを和らげる方法です。
飴をなめながら、お茶などの水分をとることによって対応することも、簡単にできてよい方法です。
飛行中では、何度も耳に違和感を覚えることが多く、大人にあたっては、自分で水分を取ったり対策をすることができますが、子供の場合は限界ギリギリまで言わない場合などもあるので、近くの大人が対策を促すことが重要になります。
イヤホンなどで音楽などを聴いていると、違和感を感じにくい人もいるので、いろいろ試してみることがポイントです。
唾液を出す目的として、耳たぶの下を刺激すると、唾液を分泌する部分が刺激されて、唾液が増え唾を飲み込むことにより、耳のつまりを軽減させることもできます。
上手に対応することができないと、トラウマになってしまうことがあるので、事前に対処方法の確認をしておくことが大切です。

スポンサーリンク