真珠腫性中耳炎 手術 費用

真珠腫性中耳炎の手術費用

スポンサーリンク

真珠腫性中耳炎とはその名の通り中耳炎の一種ですが、中耳炎の中でも重いタイプだという事が出来ます。
一般的な中耳炎とは耳の奥にある中耳という部分に、何等かの理由で炎症が起こるという疾患で耳の疾患としては有名です。
この一般的な中耳炎が悪化すると、中耳の奥の骨等にまで炎症範囲が拡大してしまう事があります。
この状態の時に中耳の換気状態が悪くなると、真珠腫性中耳炎という疾患を発症してしまう事があるのです。
この疾患は耳の中にある鼓膜という膜の一部が耳の奥へと入り込んでしまい、強い炎症等を起こすというものになります。
真珠腫性中耳炎を発症した場合に現われる症状としては難聴や耳鳴り、眩暈や耳だれ等を挙げる事が出来ます。
それ以外にも状態が悪化してくると顔面の神経麻痺や髄膜炎、脳膿瘍等が発生してしまう可能性もあります。
ここまで進行してしまうと命に関わる場合もあるので、早めに病院を受診して適切な治療を受ける事が望ましいです。

スポンサーリンク

病院を受診した際に行なわれる検査としては医師による鼓膜の確認、CT検査等が代表的となっています。
この疾患は鼓膜の一部が奥に入り込むという特徴的な現象があるので、医師が直接鼓膜を見る事で確認出来る事も多いです。
加えてCT検査を行う事で炎症がどの程度の範囲まで拡大しているか等を確認して、治療方針等を決める事になります。
真珠腫性中耳炎の治療方法については、保存療法と手術の2種類が基本となっていて状態等に合わせて選択します。
保存療法は比較的軽度の場合に用いられる方法で、患部を清潔にしたり抗生物質の処方等が行なわれます。
手術はある程度まで状態が進行している場合等に用いられる方法で、真珠腫の切除等が行なわれる事になります。
完全に治すためには手術を行う必要がありますが、手術となると気になってくるのが費用の問題です。
どのくらいの費用がかかるかについては状態の違い等で異なるので、一概に言いきる事は難しいと言えます。
ただし一般的には数十万円程度の費用がかかる事が多いとされているため、ある程度の出費は考えておいたほうが良いです。

スポンサーリンク