中耳炎 薬 子供 クラリス

子供の中耳炎とクラリスという薬

スポンサーリンク

子供はさまざまな病気を発症するようになっています。
それは免疫力が低いということや、集団生活の中でたくさんの病気に感染する可能性があるからであると考えられています。
そのなかで耳に関する病気があります。
それが中耳炎というものになります。
これは大人と比べて子供の発症率が高いと考えられています。
風邪などが原因となっていることが多いです。
病院で中耳炎と診断されたときには、さまざまな治療が行われるようになっています。
そのなかでいくつかの薬が使われています。
症状が軽い場合には、痛み止めを処方するだけで治療を進めることができます。
そのなかで抗生物質が使われるようになっていますが、注意をしなければいけないこともあります。
それはしっかりと決められた方法で使わないと、症状が長引くということになります。
それだけではなく薬剤耐性菌を増やしてしまうということにつながります。
したがってここで大切なことは、医師の指示にしっかりと従うということになります。

スポンサーリンク

中耳炎と診断されたときに使われる薬は次のようになっています。
それは抗生物質だけではなく解熱鎮痛剤や抗アレルギー薬などになります。
鼓膜に穴が開いている状態のことがありますが、この場合には点耳薬を使います。
これによって直接内耳と呼ばれる部分に付着させるということになります。
市販のものにも抗生物質や解熱鎮痛剤などが入っていることがあります。
したがって病院で処方されているものと重複して使わないように注意をします。
また子供に対してはクラリスというものが使われることがあります。
クラリスは少しの量で高い効果を実感することができると考えられています。
クラリスは細菌を退治することが主な作用となっています。
これはマクロライド系の代表的な抗生物質ということになります。
一番の特徴としては一般的な抗生物質では効果がない、非定型型の菌に大きな効果を示すということです。
飲み合わせに注意をしなければいけない薬があるので気をつけるようにします。

スポンサーリンク