子供 幼児 中耳炎 フロモックス

子供や幼児の中耳炎とフロモックスについて

スポンサーリンク

耳の中は非常に複雑な構造となっています。
そのなかで耳の中には内耳という部分があります。
この内耳という部分に炎症が発生している状態のことを中耳炎といいます。
何故炎症が発生するかに関しては、たくさんの理由が考えられています。
そのなかで子供や幼児に多いと考えられているのが、風邪をひくということになります。
風邪をひくと鼻の中の炎症がひどくなります。
それが影響をして中耳炎を発症するということが多くなっています。
風邪やインフルエンザということが多くなっています。
風邪をひくと鼻水が出るようになっています。
これはたくさんの人が経験することとなっていますが、身体から排出された細菌というのは鼻水の中に混ざっています。
このときに細菌をたくさん含んでいる鼻水が耳の中に入ってしまうと、そこで炎症を引き起こしてしまうのです。
これは鼻と耳がつながっているということが大きく関係しています。
これによって発症するようになっています。
大人と比べて子供や幼児に多く見られるようになっています。

スポンサーリンク

何故幼児や子供の方が発症率が高くなっているのかというと、子供の体がまだしっかりと発達していないということがあります。
また耳の構造もしっかりと発達していないのです。
これらが原因として考えられています。
体にどのような症状が現れるようになっているのかというと、耳の痛みや発熱というようなことが主な症状となっています。
これを放っておくと悪化してしまいます。
そして最終的には耳が聞こえなくなってしまうという可能性もあります。
したがって早めに病院を受診して、治療を行う必要があります。
風邪が原因となっていることが多くなっていますが、この場合は急性となります。
治療を行う際には耳鼻科を受診するようにします。
中耳炎の治療に関しては、炎症を引き起こしている部分に点耳薬を滴下するということが多くなっています。
このほかにはフロモックスというような抗生物質が処方されるようになっています。
フロモックスは感染症を治療するときに使われています。
またフロモックスは風邪や膀胱炎の治療にも使われています。

スポンサーリンク