幼児 子供 中耳炎 安静

幼児や子供が中耳炎になったら安静に

スポンサーリンク

一般に中耳炎とは幼児や子供がなるものだとされています。
これは風邪のウイルスや細菌が、耳の奥にある中耳と呼ばれている部分に侵入して発症すると言われています。
この病気は37度以上の熱が出て、耳が痛むのが特徴です。
意思の疎通が可能になっている子供であれば、保護者に耳が痛いというのを伝えられるため、それだと発覚するのが早くなりますが、言葉も満足に話せない幼児が相手だと、それも難しくなります。
そのため、保護者は熱が出ている幼児の様子をよく確認する必要があります。
耳をしきりに触り、そこの痛みをジェスチャーで表現しているのであれば、専門医の元へ連れて行くようにしましょう。
中耳炎は一般的にうつると言われていますが、それは風邪の原因となったウイルスや細菌が咳やくしゃみによって周囲に撒き散らされるためです。
故に熱が引いた後も、しばらくは安静にしておいた方が吉となります。
子供は集団感染を起こすことが多いというのを覚えておきましょう。

スポンサーリンク

安静にしておく期間はどのくらいが目安なのかと言いますと、熱と痛みが引いた後に、専門医から日常生活に復帰してよいとの許可を受けた後、となります。
これは中耳炎がインフルエンザとは違い、一定期間登園や登校を禁じられるような病気ではないためです。
明確な基準が定められていないため、各自の自主判断という面があるのです。
また、登園や登校を再開するときは、担任の先生などにその旨を伝えておきましょう。
無理をさせると症状がぶり返す恐れがあるため、一定の配慮をしてもらう必要があるのです。
中耳炎は風邪を引き、鼻づまりを起こすと発症しやすくなるとも言われています。
そのため、ただ子供を安静にさせているのではなく、鼻づまりに苦しんでいるのなら、保護者がそれを処理してあげましょう。
ちり紙だとうまくいかないという場合は、耳鼻科に専用の器具を売っているため、それを購入するようにしてください。
普段から健康に気を遣うことが、病気を遠ざけるコツです。

スポンサーリンク