中耳炎 安静 大人

中耳炎は大人でも安静に過ごす事が大切

スポンサーリンク

中耳炎とはその名の通りに耳に関する疾患の一種で、比較的有名な疾患なので経験した事がある人も少なくないです。
中耳は鼓膜の奥にあたる部分で、この部分に何等かの理由で炎症が起こるのがこの疾患になります。
中耳炎は基本的には大人よりも子供が発症しやすい疾患なのですが、それは耳管の形状に原因があります。
耳管とは鼻と耳を繋ぐ管の事で、大人と比べると子供の耳管は太くて短いという特徴があるのです。
そのため呼吸と合わせて鼻から吸い込んだ細菌等が耳に到達しやすく、中耳で増殖をした結果として炎症が起きてしまいます。
この疾患を発症する原因の代表的なものは細菌への感染で、原因となる細菌は数種類存在しています。
その中でも特に有名な細菌としては肺炎球菌や、インフルエンザ菌等を挙げる事が出来ます。
また近年ではこの疾患の発症に、何等かのウイルスが関与する場合があると言われるようになってきています。
そのため細菌への感染以外にも、ウイルスへの感染についても普段から用心しておく事が大切だと言えます。

スポンサーリンク

中耳炎を発症した場合に現われる症状としては、耳の痛みや閉塞感、耳だれや発熱等が挙げられます。
場合によっては中耳に水分や膿が溜まって鼓膜を圧迫して、やがては鼓膜が破れてしまう事もあります。
そのため少しでも発症の疑いがある場合には速やかに病院を受診して、適切な治療を受ける事が望ましいと言えます。
病院での治療方法としては薬物療法等が一般的で、抗生物質等の処方が行なわれる事になります。
この薬物療法を一定期間続けても効果が出ない場合には、鼓膜を切開する等の手術が行なわれる事もあります。
ちなみに中耳炎を発症した場合には安静に過ごす事が大切で、状態がある程度落ち着くまでは大人でも安静に過ごしたほうが良いです。
大人は免疫機能が整っているので、子供のように細菌に感染しても簡単には中耳炎は発症しないとされています。
つまり大人が発症してしまうという事は、それだけ免疫機能が低下しているという事にもなるのです。
そのため一定期間は安静に過ごして免疫機能を回復させる事も、中耳炎を治す上で大切だと言えます。

スポンサーリンク