中耳炎 安静 必要

中耳炎は安静にしておく必要があります

スポンサーリンク

耳が痛むとか耳閉感、つまり塞がったような感じがする、あるいは耳鳴りがあるといったように、耳に何らかの異常が感じられる場合は、まず中耳炎を疑うといいでしょう。
中耳炎は、鼓膜の奥の中耳の部分に、何らかの理由で炎症が起こるものです。
特に子供の場合は、風邪や副鼻腔炎に伴って起こることが多いので、風邪を引いた後などには注意が必要です。
症状としては、耳痛や耳閉感などのほかに、発熱することもあります。
大人の場合はあまり見られませんが、子供の場合は発熱するケースが多く、特に風邪に伴って起こった時には、安静にしておく必要があります。
また、発熱があって苦しそうな時には、解熱鎮痛剤を使っても構いません。
それから痛みがひどい場合には、痛む側の耳の後ろを冷やすようにしましょう。
特に大人の中耳炎は、痛みが強い傾向があります。
また安静にする場合も、横になると耳の血管に多量に血液が流れ込み、かえって痛みがひどくなりますので、なるべく上体を起こすような形で、安静にしていることをお勧めします。
病院は耳鼻咽喉科を受診します。

スポンサーリンク

それから膿がたまってくると、鼓膜が破れて耳だれとして出て来るようになります。
これはそのままにしていると皮膚について、皮膚病のもととなることもありますので、必ず拭くようにしましょう。
そして気をつけたいのが、赤ちゃんの中耳炎です。
赤ちゃんは痛みや気分の悪さをうまく表現することができません。
ですから、ひどく機嫌が悪くてむずかる、特に理由が無いのに泣き出すなどということがあれば、どこか具合が悪いのだと考えてください。
そのうえで耳をやたらに触ったり、頭を振ったりする、また頭が痛いと訴えたりするような場合は、中耳炎の可能性があります。
中耳炎の治療は、よほど重いものでない限り手術は必要なく、薬で治すことができます。
ただ抗生物質を多量に服用すると、耐性菌が増え、かえって治療が難しくなります。
このため最近は、ある程度まで治ればあとは自然治癒にまかせ、経過観察をする病院もあります。
また予防のために、鼻水をきちんとかむ、そして普段から引かないように、うがいや手洗いを徹底し、規則正しい生活をするといったことも重要です。

スポンサーリンク