中耳炎 安静期間 いつまで

中耳炎になったら安静期間はいつまで?

スポンサーリンク

中耳炎とはその名前からも分かるように耳の疾患の一種で、実際に経験した事がある人も少なくないです。
中耳は鼓膜の奥にある部分の事で、この部分に何等かの理由で炎症が起こるというのがこの疾患になります。
中耳炎は基本的には大人よりも子供が発症しやすいと言われていますが、これは耳管という部分の形状に原因があります。
耳管とは簡単に言うと鼻と耳を繋ぐ管の事で、子供は耳管が太く短いという特徴があるのです。
そのため鼻から侵入した細菌等が中耳に入りやすく、中耳で増殖して炎症を起こす可能性が高くなります。
この疾患を発症してしまう原因については、何等かの細菌に中耳が感染してしまうというのが多いです。
原因となる細菌は数種類ありますが、肺炎球菌やインフルエンザ菌等を代表的な原因菌の例として挙げる事が出来ます。
また近年ではウイルス関与の可能性も出てきているため、ウイルス感染についても用心する事が大切だと言われてきています。

スポンサーリンク

中耳炎を発症した場合に現われる症状としては、耳の痛みや閉塞感、耳だれや発熱等が挙げられます。
中耳に膿や水分が多く溜まると鼓膜が破れる場合もあるため、早めに病院を受診して治療を開始する事が望ましいです。
病院で行なわれる治療方法としては薬物療法を行うのが一般的で、抗生物質等の薬が処方されます。
この薬物療法を一定期間続けても期待する効果が出ない場合等は、鼓膜を切開する手術を行う事もあります。
ちなみに中耳炎になったら安静に過ごす事になりますが、この安静期間がいつまで続くのか気になる人も少なくないです。
安静期間がいつまで続くかについては中耳炎の進行具合等で異なるので、いつまでと具体的に言いきるのは難しいと言えます。
ただ一般的には発熱や耳の痛み等が治れば大丈夫とされているため、大体2〜3日程度の安静期間で済む場合が多いと言われています。
しかし素人が勝手に判断するのは危険な場合もあるので、担当医師に相談して判断してもらうのが望ましいです。

スポンサーリンク