中耳炎 ほっとく 治る

中耳炎はほっとくと治る?

スポンサーリンク

一口に中耳炎と言っても様々なタイプが存在します。
耳が痛くなったりならなかったり、発熱があったりなかったりという具合に、その症状にも変化があります。
では、ほっとくと治るかもしれない中耳炎と言えば何なのかと言えば、それは急性のものです。
これは主にウイルスや細菌が原因だと言われています。
そのため、風邪が引き金となる傾向にあります。
抵抗力がまださほどない子供がなりやすいのはこれです。
しかし、大人が急性の中耳炎を患うと、むしろ治りにくいとされています。
ただし、耳痛・耳だれ・発熱に代表される症状が軽かったり、病気のピークが何もしないまま過ぎてしまう場合に限って、自然治癒するものだとされています。
なお、なるべく薬に頼らずに直したいと考える人は、鎮痛剤のみを使用する傾向にあります。
中耳炎により鼓膜が破けても、そこは回復が可能であるため、さほど気にする必要はありません。
普段から風邪を引かないように、健康的な生活を続けることが肝要です。

スポンサーリンク

ほっとくと治る中耳炎としては、他に滲出性のものがあります。
これは名前にあるように、耳の奥に滲出液が蓄積することにより発症します。
この液体はサラサラとしているのが特徴です。
これを患うと、耳が聞こえにくくなりますが、痛みは殆どありません。
そのため、小さな子供がそれになった場合は、保護者がそれに気付く必要があります。
テレビの音量が妙に高くなっていたり、呼びかけても反応が鈍いという場合は、それを疑うようにしましょう。
なお、この病気は小学校低学年から中高年までが患いやすいと言われています。
殆どの場合自然治癒で治るとされていますが、難聴が数ヶ月にわたり続く場合は、耳鼻科で治療を受ける必要があります。
ほっとくと治る中耳炎の中には、航空性と呼ばれているものがあります。
これは飛行機に乗っている際、気圧の変化から耳管に異変が起きるものであり、通常は着陸と同時に治ります。
しかし風邪を引いて抵抗力が落ちている場合などは治らないとされているため、注意が必要となります。
いずれにせよ、自己判断に頼らず、耳痛・耳だれ・発熱、難聴など中耳炎の症状が現れたら、早めに耳鼻咽喉科を受診することが大切です。
早期発見と早期治療が健康体に戻るためには重要だからです。
自分の耳を守るためにも気をつけましょう。

スポンサーリンク