子供 中耳炎 熱 上がったり下がったり 治療

子供の中耳炎で熱が上がったり下がったりの時の治療法

スポンサーリンク

中耳炎とは、耳の中の中耳に膿がたまり炎症を起こすことにより、耳の痛みや聞こえにくいといった症状が出ることです。
原因は細菌性のもので、風邪やインフルエンザの菌が原因のことが多いです。
小さな子供はうまく鼻をかむことができないことから、鼻の中で繁殖した細菌が耳の中に入ってしまうのです。
急性の中耳炎になると、強い耳の痛みと発熱、また耳のあたりが腫れてしまうこともあります。
耳鼻科で処方された薬を服用することにより、1週間ほどで症状は治まることが多いのですが、一旦熱が下がったからと言ってここで通院をやめてしまうと、耳の聞こえが悪くなったり、熱がぶり返したり症状がさらに悪化することになるので注意しましょう。
急性とはいえ、中耳炎の完治には時間がかかります。
中耳に入ってしまった膿が完全に抜けきらなければ完治することもありませんので、その間は熱が上がったり下がったりすることになります。
熱が上がったり下がったりを繰り返すと、体温が非常に不安定な状態になります。
これはとても体力を消耗しますので、子供にとっては大変つらいです。

スポンサーリンク

体力をなるべく落とさないためにも、対処法として水分補給には十分に気を付け、調子が良い時には食事もしっかりと取るようにします。
また、熱が下がると子供の場合は起き上がって遊びまわったりしてしまいがちですが、一時的に体温が下がっただけであり、また上がったり下がったりを繰り返すので、さらなる悪化を防ぐためにも出来るだけ安静にして体力の温存に心がけましょう。
中耳炎の治療に効果的なのは、鼻水を出してあげることです。
市販の鼻水を吸い出す器具を準備しておくと安心です。
鼻水を吸うときに注意するべき点は、一気に強く吸いすぎないことです。
子供が嫌がるので早くやってしまおうと、一気に強く吸い上げると、鼓膜を傷つけてしまう場合もあるので気を付けましょう。
鼻水を出してあげることは、中耳炎の治療の近道ですが、どうしても自宅で上手くできないときは、鼻水を吸ってもらうために耳鼻科を利用しましょう。
中耳炎の治療は早くても1か月、長いと数か月を要することもありますので、自己判断で治療を中断せずに医師とよく相談をして治療を完治することが重要です。

スポンサーリンク