風邪 耳が痛い 飛行機

飛行機で耳が痛いのはなぜか風邪との関連性、その対処法

スポンサーリンク

 なぜ耳が痛いのか、それは高度で気圧の下がっている環境から、鼓膜の外側の圧力、鼓膜の内側の圧力が平衡していた状態を着陸時に飛行機が降下していき、機内の気圧が上がっていって地面の気圧(地上の気圧)に近づく時、鼓膜の内側の気圧が低くそのままになっていることが原因です。
このような環境変化により鼓膜が外側から押されるような形となり、痛みが出てきます。
反対に、機体の上昇中では機内の機体がだんだんと低くなるため、鼓膜の内側の気圧は高くなっていきますが、鼓膜の内側の空気は、耳管という穴を通り、上咽頭という鼻の奥に空いた穴からかなり簡単に自然に排出されるために、痛くなる前に、鼓膜の内側の気圧と外側の気圧の均衡が保たれやすい構造になっているため、空気は出やすいが、入りにくいのです。
風邪等をひいていると、鼻腔内に炎症や粘液があると元々空気が通りにくいため、さらに空気が通りにくくなってしまっていることで「耳が痛い」と感じてしまいます。

スポンサーリンク

 次に対処法ですが、最初に大切なのは「予防」です。
痛くなってからでは遅いです。
その時には、鼓膜の外側の気圧と鼓膜の内側の気圧の差がすでに大きくなりすぎていて難しくなります。
ですから、飛行機が降下を始めたときに予防をする必要性があります。
飛行機が効果を始めたら、気圧の変化が小さいうちにまず、大きく口を開けたままにします。
その状態のまま、顎を横に大きく動かすようにしてください。
次に、つばを飲み込んだり、あくびをしてみたり・・・などの動作をしてみてください。
(この動きにより、耳管を通すことができます。
)早めの対処で良くすることができます。
それでも耳が痛いと感じる場合は、鼻をつまんで、鼻から息をゆっくり出していき、鼻腔内の圧力を高めてください。
しかし、強くやりすぎると・・たくさんの空気が耳管に流入して、逆に圧が高まりすぎ、鼓膜が傷ついたり・・という悪影響になるので注意して行いましょう。
他にも点鼻薬で耳管の通りをよくするものもありますので、試してみてはいかがですか。

スポンサーリンク