中耳炎 熱 幼児 夜 対処

中耳炎〜幼児が夜に熱を出した時の対処法

スポンサーリンク

中耳炎は大人、子供どちらでも起こりますが、子供、特に幼児に多い病気でもあります。
これはなぜでしょうか。
中耳炎は主に風邪や副鼻腔炎、いわゆる蓄膿症が原因であることが多く、幼児は特に風邪を引きやすいこと、耳管が短いこと、そして、鼻をうまくかめないことなどから、ウイルスや細菌が鼻水と共に耳に入りやすいからなのです。
ですから、幼児が風邪を引いた時には、予防のためにも、きちんと鼻をかませるようにしましょう。
片方ずつかむようにするのがお勧めです。
また風邪以外にも、手足についた細菌が原因となることもあります。
それから、ミルクや母乳などが鼻に入った時もかかることが多いので、なるべく入らないように注意してあげましょう。
しかしそれでも、何らかの理由で中耳炎を発症することはあるものです。
その場合の主な症状は、耳の痛みや発熱であることが多く、しかも夜になって、痛みを訴えて泣き出すというケースが多く見られます。
病院も開いていない夜に、急に泣き出された時には、一体どのように対処すればいいのでしょうか。

スポンサーリンク

そのような場合は、まず痛む方の耳の後ろを、氷嚢や冷却シートなどで冷やしてあげると、多少痛みが和らぎます。
また、この場合は市販の鎮痛剤を使っても構いません。
薬を使うことで、熱と痛みを同時に抑える効果があります。
痛みは、膿が鼓膜を圧迫することにより起こるもので、鼓膜が破れて膿が出て来た場合は、きれいに拭いてあげましょう。
そして、耳鼻咽喉科を受診するようにしてください。
病院では抗生物質を処方してくれますので、それを飲ませながら経過観察という方法が、最近ではよく採られています。
かつては鼓膜切開という方法もありましたが、鼓膜切開はその場しのぎ的なもので、今ではよほど膿が多いという場合でない限り、あまりこの方法は使われません。
もし慢性化した場合には、チューブで膿を吸い出すという方法もあります。
いずれにしても、幼児が夜痛みを訴え、しかも熱があるとなると、パニックになってしまいがちですが、お子さんにも不安を与えますので、落ち着いて対処しましょう。
また熱や痛みが無くても、鼻水が多い場合は耳鼻咽喉科を受診することをお勧めします。

スポンサーリンク