乳児 耳だれ 病院 小児科

乳児の耳だれは病院の小児科で診察を

スポンサーリンク

乳児や小さい子供ほど中耳炎になりやすく、深夜に耳の奥が痛みだして救急病院へはしったという親も少なくありません。
中耳炎になる原因はお風呂やプールなどで耳に水が入ることによってなると思われていますがそうではなく、鼻から入った菌が耳の奥にまで入り鼓膜などに菌が繁殖して鼓膜などが腫れることにより耳の奥が痛くなったり発熱したりします。
そのため風邪気味で鼻水が出ている場合には中耳炎になる確率が高くなります。
中耳炎になると耳の奥に膿がたまり、たまった膿がでてくることがあります。
これが耳だれと呼ばれるものであり乳児や小さい子供であれば小児科にいって膿を取り除いてきれいにする必要があります。
もちろん家でも親が子供の耳掃除をしてあげて膿をとってあげても良いです。
中耳炎は特別な治療は必要なく月日がたてば自然に完治するものですが、時には症状がひどい場合には手術による治療が必要となることもあります。
中耳炎による痛みには市販の痛みどめを服用することで痛みを緩和することができます。

スポンサーリンク

乳児の耳だれの原因は中耳炎が一番の原因で、病院選びとしては小児科での診察をしてもらえばよいです。
小児科では耳の中の膿を取り除いてもらえますし、痛み止めの薬も処方してもらえます。
耳だれに対してはその都度取り除いてやればよく、薬をつけたりする必要もありません。
但し病院には定期的に通院して症状の治り具合を診てもらう必要があります。
症状がひどくなり痛みが強くなった場合には、痛み止めだけではなく抗生物質を処方してもらう必要もあります。
特に乳児や小さい子供であれば免疫力も弱いので、症状が悪くなることがあったり他の病気を合併症として起こす場合もあるため定期的に病院で診てもらうことが後遺症などの問題もぬぐえます。
幼児が風邪気味で鼻を垂らしている場合には親としてはこまめに鼻水を取り除いてやることが、中耳炎対策にもなります。
風邪を引いた幼児が熱だけでなく耳の痛みも訴えている場合には、病院で診てもらうことが必要です。

スポンサーリンク