中耳炎 膿 出す 出し方 病院

中耳炎の膿を出すための病院での出し方

スポンサーリンク

中耳炎は大人も子供かかる症状です。
特に子供は耳管が短いため中耳炎を起こしやすいです。
中耳炎は中耳が炎症し、次第に膿がたまっていくことがあります。
膿がたまっていくと発熱、耳の痛、頭痛など症状が表れます。
鼓膜の腫れも見られるため難聴になる場合もあり、また繰り返しやすい病気のため早めの治療がすすめられます。
中にたまってしまったものを自力で出すのは不可能なため、病院の耳鼻科で出すようにしてもらいましょう。
放っておくとさらに悪化する可能性があります。
固まってしまうこともあるので、そうなるとさらに出しにくくなります。
もし耳から膿が出たら、ティッシュや綿棒などでこまめに拭き取るようにしましょう。
ただし、綿棒で拭き取る場合は刺激によりさらなる悪化をはやめてしまう場合があるので、患部には触らないように注意してください。
そして耳鼻科で診てもらうようにしましょう。
まだ症状がうまく伝えられない子供の場合は、機嫌が悪く耳をよく触るときに念のために診てもらうとよいでしょう。

スポンサーリンク

完治するにはまずは膿を出してあげることが必要です。
出し方としては数種類ありますが、比較的進行がまだ軽い場合はペニシリンなど抗生物質を処方されます。
それでも治らない場合は、メスで鼓膜切開をして膿を出します。
鼓膜は再生力が高いため、切ってもまた元に戻ります。
完全に出し切れない場合は、さらに細いストローのようなチューブで吸い出す出し方をします。
手術が終わっても、チューブを通した小さな穴が鼓膜に空いているため、シャンプーや水が耳の中に入らないように注意が必要です。
効果は切開よりも持続します。
以上が膿がたまった場合の病院での出し方の方法です。
中耳炎にならないための予防として、鼻をかむときは片方ずつかむこと、鼻をすすらない、風邪をひいて鼻かぜになったら早めに薬を処方してもらうなど、特に自己管理があまりまだできない子供には気を付けてあげることが必要です。
冬になりやすい病気なので、まずは風邪の予防から始めましょう。

スポンサーリンク