中耳炎 膿 外側

中耳炎に罹ったら外側に出た膿は拭き取ろう

スポンサーリンク

ご存知の方も多いでしょうが、中耳炎は耳の中に膿がたまる病気です。
特に風邪や副鼻腔炎と並行して起こりやすく、また大人より子供に起こりやすいといわれています。
もちろん大人でもかかることはあり、子供よりも痛みが強いのが特徴とされています。
風邪や副鼻腔炎と並行して起こるということは、これらの病気にかかった時には、特に注意しなければならないということです。
まずきちんと鼻をかむようにしましょう。
子供の場合、大人ほどには鼻をうまくかめませんので、大人が指導してあげるようにし、また赤ちゃんの場合は、定期的に鼻を掃除してあげるようにしましょう。
鼻水と共に、ウイルスや細菌が耳の方に流れ込むのが、原因となることが多いためです。
症状は耳の痛みの他に、発熱を伴うこともあります。
この場合は、市販の鎮痛剤を使って、痛みや熱を抑えても構いません。
また膿が多くなってくると、鼓膜が破れて、外側に出てしまうこともあります。
外側に出た膿は皮膚の炎症を起こすもとですので、必ず拭き取るようにしましょう。

スポンサーリンク

治療方法としては、主に抗生物質が用いられます。
またかつては鼓膜切開が行われることもありましたが、最近では、根本的な治療とはならないため、経過観察が行われるようになっています。
また抗生物質も、耐性菌が現れるようになったため、できるだけ本人の自然治癒力にまかされるようになっています。
また大人が中耳炎になった場合、子供より痛みが強いのは、膿が鼓膜を破って外側に出ようとする時の圧迫感が、子供よりも強いためです。
大人だから関係ないと思わずに、痛みや発熱を感じた時は、すぐに耳鼻咽喉科に行くようにしましょう。
また普段から予防をしておくようにしましょう。
特に鼻水をすするくせのある人は、極力すすらずに、こまめに鼻をかむ習慣を身につけるようにしましょう。
それから、風邪を引かないように、うがいや手洗いをきちんとするようにしてください。
乾燥する季節は、加湿器などで部屋の湿度を上げるようにすると、風邪も引きにくくなり、鼻の通りもよくなって一石二鳥です。

スポンサーリンク