子供 中耳炎 痛み いつまで

子供の中耳炎の痛みはいつまで続くか

スポンサーリンク

中耳炎は菌が鼻から耳に入ってくることが原因で、鼓膜の奥に膿がたまる病気です。
耳の外から水や菌が入っても中耳炎にはなりません。
子供がなりやすいのは、風邪をひきやすいことと、耳管が大人に比べて、太く短く、傾きが水平に近いので菌が入りやすいためです。
子供が小さい頃は風邪とセットのように中耳炎になることも多いです。
治るまでに時間がかかり、繰り返し中耳炎になることが多いです。
症状は耳が腫れ、聞こえが悪くなります。
発熱や痛みがあります。
痛みはいつまででしょうか。
だいたい2〜3日で治まります。
おかしいと感じたら早急に耳鼻科を受診します。
小児科を受診していて薬を服用しているなら、その薬を耳鼻科に持っていって服用していることを話します。
夜、痛みを訴える子供が多いですが、翌朝の診察時間まで待ってからでも大丈夫です。
耳だれが出ている場合は外側だけ拭きます。
耳の中は拭きません。
赤ちゃんなど痛みを訴えられない小さい子供は耳を触っている、機嫌が悪いなどで判断できます。

スポンサーリンク

痛みはいつまででしょうか。
だいたい2〜3日です。
中耳炎の特効薬はありませんので、消炎剤や痛み止めを処方されます。
鎮痛剤が効かない場合、抗生剤が処方されることもあります。
膿が排出されない場合、鼓膜を切開することもあります。
鼓膜は再生されるので、聴力が損なわれる心配はありません。
熱がある時、耳が痛い時はお風呂は避けます。
プールなども医師に相談してからにします。
中耳炎の完治までは、いつまでかかるのでしょうか。
だいたい1か月以上かかります。
なかなか治らないので通院を面倒に感じることもありますが、きちんと治さないと重症化してしまうことがあります。
ひどくなると入院手術が必要になることもあるので、注意が必要です。
医師が完治というまで通院を続けます。
鼻水が詰まっていると菌が耳に入りやすくなるので、鼻水はこまめに取ります。
小さい子供の場合は親が取ってあげます。
鼻は片方ずつ、そっとかみます。

強くかまないようにします。

スポンサーリンク