親知らず 抜歯 耳が痛い

親知らずの抜歯後耳が痛い、どう対処していけばいいのか

スポンサーリンク

親知らずの抜歯後は人によって様々な症状が出てきます。
抜歯の際の傷の大きさ等によっても多少内容は異なってくるのですが、親知らずの生えていた歯茎部分が痛んだり、隣の歯が痛んだりと何かと症状が出てきてしまいます。
それらの症状は処方される痛み止めを飲むことで対処していくことができますが、中にはその痛みが強すぎて頭痛や耳が痛いといった症状を引き起こすケースもあります。
一見歯の痛みとは何の関係もなさそうな症状ですが、実は親知らずの抜歯後にはその痛みの強さから周りの器官にも痛みが反響して意識してしまうことがあるのです。
特にかみ合わせの影響、さらには咀嚼の癖によってはこの痛みが強く現れることがあるので、思い当たる節のある人は注意しておきましょう。
こうした頭痛や耳の痛みも歯の痛み同様に、処方される鎮痛剤で対処していくことができます。
あまりにも痛みが強いという場合には早め早めに薬を服用していくようにしていきましょう。

スポンサーリンク

もちろん、鎮痛剤の服用方法は守っていく必要がありますが、麻酔が切れたり薬の効果が切れそうになる段階で服用を続けることで痛みのストレスを最小限に抑えることができます。
親知らず周辺、もしくは耳に軽い違和感が出てきた、もしくはむずむずとした疼きの症状が出てきた場合、麻酔や薬の効果が切れかかっていることが考えられます。
できるだけ余裕をもって薬を服用することが、痛みを解消するポイントとなってくるのです。
この親知らず抜歯後の頭痛や耳の痛みの症状あまりにもひどい場合、薬を服用しても改善がみられないという場合、この他の原因が考えられます。
あまりにも心配だという人は抜歯を行った歯科医院の診察を再び受けてみることをお勧めします。
もしかするとそこで痛みの原因が発覚するかもしれませんし、何かしらの対処法が見つかるかもしれません。
鎮痛剤で対処しきれない痛みは我慢せずに担当の医師に相談するようにする、これがトラブルを防ぐ第一のポイントとなってきます。

スポンサーリンク