中耳炎 鼓膜破れる 原因 治療

中耳炎で鼓膜破れる原因、治療方法

スポンサーリンク

中耳炎とはその名の通りに耳に関する疾患の一種で、実際に経験した事があるという人も少なくないです。
中耳とは鼓膜の奥にある部分の事で、この部分に何等かの理由によって炎症が起こるのがこの疾患になります。
基本的には大人よりも子供が発症しやすいと言われていますが、これは耳管という部分の形状に原因があります。
耳管とは簡単に言うと鼻と耳を繋いでいる管の事で、子供の耳管は大人の耳管よりも太く短いのが特徴となっています。
そのため鼻や口から吸いこんだ細菌等が耳に侵入しやすくなり、中耳炎を発症する事が増えるのです。
この疾患を発症する原因については、そのほとんどが何等かの細菌に感染してしまう事で発症すると言われています。
原因となる細菌にはいくつかの種類がありますが、肺炎球菌やインフルエンザ菌等が代表的な細菌になります。
ちなみに最近では細菌に加えてウイルスが、発症に関与している可能性も考えられるようになってきています。

スポンサーリンク

中耳炎を発症した場合に現われる症状としては、耳の痛みや閉塞感、耳だれや発熱等を挙げる事が出来ます。
それ以外にも鼓膜破れるという症状が現われる人もいますが、この鼓膜破れるには鼓膜にかかる圧力が関係しています。
中耳の中には空洞部分があるのですが、中耳炎を発症するとこの空洞に水分や膿が溜まるようになります。
この水分や膿が溜まり過ぎると鼓膜に圧力がかかり、やがては圧力に耐え切れずに鼓膜破れる事があるのです。
中耳炎の治療方法としては薬物療法を行うのが一般的で、抗生物質等の薬が処方される事になります。
この薬物療法を続けても期待する効果が出ない場合には、鼓膜を切開する手術が行なわれる事もあります。
ただ最近では上記したようにウイルスが発症に関与している可能性が出ていますし、抗生物質に耐性を持った細菌等も増えています。
そこで薬物療法等は行なわずに本人の免疫機能に頼って治療を行う、自然治癒という方法を取り入れる場合もあります。

スポンサーリンク