中耳炎 完治 期間

中耳炎で早い期間での完治をめざすには?

スポンサーリンク

中耳炎は中耳の部分が細菌などにより炎症を起こした症状を言います。
中耳炎にもいろいろなタイプがあり、耳が痛くなる人もいれば痛くならない人もいます。
発熱や耳垂れを起こすタイプもあります。
その他、一時的に聞こえがわるくなったり、耳づまり・めまいなどを起こす人もいます。
早い期間のうちに完治する治療をせずに放置しておくと、炎症がひどくなり、時には難治性の難聴になる場合もありますので注意が必要です。
急性の場合はカゼのウイルスや細菌が主な原因となり発症します。
症状が軽い場合や、発熱などのピークが過ぎると自然治癒する場合もありますが、早いうちに受診することが大切です。
滲出性の場合は耳の痛みがあまりないのが特徴です。
耳が聞こえにくいと感じた場合は滲出性のことがあり、この症状も軽い場合は多くの場合自然治癒することがあります。
ただし、耳が聞こえづらいという症状が長い期間続くような場合は病院の診察を受けることが大切です。

スポンサーリンク

中耳炎は特に小さいお子さんがかかりやすい病気ですので、どのくらいの期間痛みが続くのか、また完治するにはどういった治療があるのか、親は心配だと思います。
乳児や子供は耳管(じかん)が未発達で十分な長さがないため、細菌などが侵入しやすく風邪をひいたときに中耳炎になりやすいのです。
まれに急性中耳炎から重い合併症が起こることがありますので、お子さんが耳の異常を訴えたり、機嫌が悪かったりした場合は自然治癒などを待たずに受診することが大切です。
診断が下ると主に薬物療法での治療になり、抗生物質を処方されます。
処方された薬は必ず飲みきるようにしましょう。
飲みきらずに勝手に中止したりすると、慢性的に発症することがあります。
また、症状により鼓膜切開という手術療法を行うこともあります。
鼓膜切開は中耳にたまった膿などを排出するために行われます。
また、鼓膜にあけた穴にチューブを留置して空気を入れる処置をする場合もあります。
完治するためには、処方された薬をきちんと服用し、安静にすることが大切です。

スポンサーリンク