耳 膿 外側 原因

耳の中の膿が外側に出てくる原因について

スポンサーリンク

中耳炎になると耳の奥に痛みを感じ、我慢できないくらいに痛くなる時があります。
その場合には炎症を起こして赤くなってできものができた状態となっていたり、膿みがたまった状態となっていることもあります。
痛み止めの薬を飲んでいれば痛みも治まりますし、時間が経てば自然と治ります。
中耳炎ができる原因は鼻から入ったばい菌が耳の奥にまで到達し、そこで炎症を起こすことにより発熱をおこしたり痛みを発症したりします。
中耳炎は大人に比べて子供がなりやすいのですが、この理由は子供の場合鼻の穴から耳の奥までの距離が近いことそしてそれらが真直ぐに通っていることが挙げられます。
風邪をひいた時には鼻水がでてそこからばい菌が入っていくことが多いため、鼻水を細目にふくことが予防にもなります。
また特に小さい子供が風邪をひいて鼻水を出し始めた時には親としては注意して見守ってやる必要があります。
放っておくと耳の奥の痛みを訴えてくることもあります。

スポンサーリンク

中耳炎になると膿がたまることがあります。
これはばい菌と闘った死骸としてたまるもので、放っておくと固まってしまうため拭き取ることが必要ですし、またじゅくじゅくしているため不快感がします。
また場合によっては寝ている時朝起きると枕がみみから外側に出てきた膿によって汚れて異臭がするといったこともあります。
朝起きた時に枕が汚れている原因は膿だということも珍しくありません。
日常であってもみみの外側に膿がでてくることもあるので、細目に綿棒などでふき取ってもらう必要があります。
子供であれば夏場にプールにいった後に水をきちんと拭き取っていないと、奥で炎症を起こして痛みを感じる原因となることもあります。
そういった場合にはまず痛みを感じるはずなのでその後膿が外側へ出てくることになります。
特別な対処法は必要ないためまずは痛みを訴えた場合には痛み止めの薬を服用させ、膿は拭き取ってあげましょう。
必ずしも病院にいって診てもらう必要はありません。

スポンサーリンク